離婚における慰謝料を請求できる期間は3年間とされています。

そしてこの慰謝料が請求できる期間には時効が適用されますので、注意が必要です。

そしてポイントとなるのが慰謝料は何時から何時まで請求できるのかとうい点です。

そもそも慰謝料ってどんなもの?

まずは離婚に伴う慰謝料の性質を理解して「慰謝料が請求できるのどうか?」そして「いつからいつまで請求できるか」を説明していきます。

慰謝料とは肉体的苦痛や悲嘆、恥辱の精神的苦痛を財産的損害としてとらえ、その損害に対する賠償です。

生命・身体・自由・名誉・貞操などを侵害する不法行為や債務不履行について、広く請求することが認められています (民法710条)。

離婚においては、離婚原因となった「不貞(浮気・不倫)や暴力(DV・精神的)」などの有責行為をした者に対し、「不法行為に基づく損害賠償請求権」として、慰謝料を請求することができます(民法709条)。

慰謝料とは、離婚の原因を作った相手に受けた苦痛などに対して、お金で償ってもらうことです。

いつかそのうち……ではなにも変わりません。

私が後悔しない離婚ができたのは簡単な一歩を踏み出したから。

離婚を本気考えている方は……

離婚の悩みは無料相談で解決』をご覧ください。

養育費の不払い、そもそも養育費は貰っていない……

養育費の悩みを抱えている方は……

養育費を立替えて貰って悩み解決』をご覧ください。

不貞行為に対する慰謝料は、どのような場合に請求できるでしょうか?

不法行為に基づく損害賠償請求権では、相手の浮気・不倫などの不貞行為を証明する証拠があれば、請求することができます。

メールや電話の履歴などは証拠として弱く、強い証拠として認められるのは写真や動画などです。

また不貞行為の継続期間によって、認められる慰謝料の金額は異なってきます。

慰謝料は相手に対し請求する以外にも、浮気・不倫相手に対しても請求することができます。

この場合、不貞行為の事実に加え、(1)「浮気・不倫相手の故意・過失」、(2)「婚姻関係が破綻していないこと」の2つが条件となります。

(1)は「相手が既婚者であることを知っていたかどうか」、(2)は「夫婦がすでに別居状態であったり、長い期間性行為や会話がなかったりといった婚姻関係が破綻した状態ではなかった」ことになります。

慰謝料にも時効があり、法律で3年間と定められています

精神的損害に対する損害賠償請求という法的性質を持つ慰謝料は、いつまでも請求することができるわけではなく、法律上請求できる期間が「3年間」と定められています。

この3年間は、どの時点からカウントされるでしょう。※時効とは、あることの効力が一定の期間の経過により無効になることを指す、法律上の概念です。一般的な損害賠償には時効が存在しますが、離婚の慰謝料にも同様の時効が適用されます。

借金が理由で離婚の危機に……

家族の借金、家族に内緒の借金が原因で離婚の危機に直面している方へ……。

心配無用!正しい手順さえ踏めば、借金は解決できます。

家族に内緒の借金!簡単解決方法』でご覧ください。

3年の消滅時効と、20年の消滅時効

慰謝料が請求可能な3年間は、「消滅時効」と呼ばれ、慰謝料を請求する側が、損害及び加害者を知った時点からカウントされます(民法724条)。

例えば不貞行為などに対する慰謝料請求の場合、不貞行為を知り、その相手の名前や住所を特定した時点からカウントが開始されることになります。

消滅時効の3年が経過すると、慰謝料の請求が難しくなります。

また実際に有責行為があった時点からカウントして20年の間が「除斥期間」とされ、この期間が経過した場合にも、慰謝料請求権は消滅することになりますが、慰謝料請求で利用されることは多くありません。

ただし、消滅時効と消滅時効が経過していたとしても、離婚成立から3年以内であれば、離婚に対して慰謝料を請求することができます。

慰謝料請求の時効は、払う側の主張で成立します

消滅時効が成立しても、自動的に慰謝料の時効が消滅するわけではありません。

慰謝料を請求される側が「もう時効は消滅しているので、慰謝料は払いません」と主張して「時効の援用」を行うことではじめて、慰謝料請求権は消滅します。

「時効の援用」が行われない限り、慰謝料請求権は消滅しません。

また、時効期間がすでに経過していても、相手が支払い義務を認めたり、1度でも分割などによる支払いを行ったりしている場合、請求される側は、時効を主張することができなくなります。

消滅時効期間をリセットする方法

慰謝料請求者が、消滅時効の3年以内に、支払い督促、民事調停の申立て、訴訟の提起などを裁判所に請求した場合、消滅時効期間がリセットされ、消滅時効期間が振り出しに戻るので、その時点から新たに3年を数え直した期間が、消滅時効となります。

ただし請求が取り下げられた場合、時効はリセットされませんので注意が必要です。

消滅時効期間を一時中断する方法

また、消滅時効の3年以内に、裁判上の請求をおこなうことができない場合でも、内容証明郵便で慰謝料請求の文書を相手に送付する「勧告」制度を利用することで、時効を一時的に中断させることができます。

勧告を行ってから6ヶ月以内に裁判所に訴訟を提起するなどの請求を行うことで、消滅時効期間をリセットすることができます。ただし6ヶ月以内に裁判上の請求を行わなかった場合、時効は中断されなかったことになります。

相手の行動に違和感を感じたら…

あなたの直感当たっているかも…

『浮気・不倫のあやしい行動チェック!不貞の証拠は普段の行動にヒントあり!』

で浮気の行動パターンをチェックください。