離婚時、弁護士に依頼した方が良いケースがあります。

それは慰謝料を請求する場合です。

なぜなら慰謝料の場合、

弁護士のような専門家でないと請求できる金額を算出するのが非常に難しいケースが多いからです。

判断が難しい・不利益が考えられる場合

またある程度の財産を有する場合の財産分与についても弁護士に依頼することで、分配される財産が不当に少なくなるといった不利益を被ることはなくなるでしょう。

とは言え話し合いもなくいきなり弁護士に依頼するのではなく、まずは当事者間での話し合いを行なった上で、協議内容が決まらない場合に、弁護士を依頼する方がその後の話し合いもスムーズに行くことが多いようです。

それでも話し合いが難航した場合、家庭裁判所に調停を申し立て調停委員を挟み、双方の合意点を探っていくことになります。また調停で解決しなければ、裁判所で係争することとなります。

調停や裁判は時間的にも精神的にも非常に負担が掛かるため、1人で対応するよりもやはり弁護士と一緒に臨むことで様々な負担が軽減されることが多いのです。

いつかそのうち……ではなにも変わりません。

私が後悔しない離婚ができたのは簡単な一歩を踏み出したから。

離婚を本気考えている方は……

離婚の悩みは無料相談で解決』をご覧ください。

養育費の不払い、そもそも養育費は貰っていない……

養育費の悩みを抱えている方は……

養育費を立替えて貰って悩み解決』をご覧ください。

弁護士を依頼することのメリット

では離婚調停・裁判の時に弁護士を依頼することで得られるメリットとデメリットを更に深く考察していきましょう。

あなたのケースは弁護士が必要かどうかの参考にしてみてください。

書類作成を代行してもらえる

調停の申し立てや、裁判の訴訟を起こすにあたり、申立書や訴状などを作成し、手続きを行う必要があります。

弁護士に依頼した場合、必要な書類の作成や手続きを代行してもらうことができます。

離婚後の生活の準備に負われる中で、書類形式や書く内容を自分で調べ、記入漏れや間違いのないように作成し、手続きを滞りなく進めることは、思いのほか手間も時間もかかります。

弁護士に依頼することでその手間が省け、手続きを円滑に進めることができるのはメリットと言えます。

もちろん自分ですべての手続を行うことも可能ですし、手続自体は特別難しいことではありません。精神的に追い込まれていて心に余裕の方や時間に余裕がない方は弁護士に頼む選択肢もあるということです。

専門的な視点でアドバイスをしてもらえる

調停で弁護士を依頼することの最大のメリットは、法律の専門家としてアドバイスを受けることができる点でしょう。

調停では、調停委員を味方につけることで話し合いを有利に運ぶことができます。

調停委員にどのように話せば良いかなどについても具体的なアドバイスを得られることは大変心強いことです。

弁護士が窓口となって、相手との交渉に応じてくれる

配偶者との交渉ややり取りを弁護士が代理となり対応してくれます。

また裁判所への出廷や示談書へのサインなども、弁護士が代わりに行うことができるので、本人が立ち会うことなく進めることができます。

また調停は数ヶ月の長期に及ぶこともあり、何度も出停する必要があり、話す内容の整理など思いのほか負担となります。

調停は原則として平日の日中に行われる為、どうしても仕事を休むことが難しかったり、急な都合で調停へ出席ができなくなることも考えられます。

こういった不測の場合、弁護士に代理人として調停へ出頭してもらうことも可能です。とはいえ調停は、あくまで本人が出頭するべきとされており、やむを得ない場合を除き、ご自身が出頭するようにしましょう。

借金が理由で離婚の危機に……

家族の借金、家族に内緒の借金が原因で離婚の危機に直面している方へ……。

心配無用!正しい手順さえ踏めば、借金は解決できます。

家族に内緒の借金!簡単解決方法』でご覧ください。

状況に応じた適切な主張が可能

訴訟においては、状況や訴訟の内容により、どのような主張が有効であるかが異なります。

弁護士に依頼することで、その時々の状況に応じて必要な主張・立証を適切に行うことができます。

本人訴訟において起こりうる、訴訟技術の不足が招く敗訴を回避することができます。

弁護士を依頼することのデメリット

では次に弁護士を依頼するデメリットをみていきましょう。

高額な費用がかかる

一番のデメリットは、弁護士費用の負担でしょう。離婚問題の相談は30分5000円程度が相場となっています。

また調停や訴訟においてを正式に弁護士に依頼する場合、まず着手金を払い、希望通りの結果で慰謝料の請求が認められた場合には、成功報酬を支払います。

離婚調停の場合、着手金と成功報酬の基準として30から50万円、離婚訴訟の場合は40から60万円が相場となっています。また報酬は弁護士と依頼の話し合いで自由に決めることができるため、まずは依頼する前に見積もりを取りましょう。

これにプラスして弁護士が依頼に沿って働く際の、交通費や電話代、印紙代や切手代、コピー代なども、実費として依頼者に請求されます。

弁護士の質にバラつきがある

弁護士の経験や能力には個人差があります。実力のない弁護士に当たってしまった場合には、思うような結果が得られないこともあるでしょう。

また離婚問題に詳しい弁護士とそうでない弁護士でも結果に大きな違いがでることが考えられますので、離婚問題に強い弁護士の中から選択することが前提となります。

更にはお互いに人間である為、相性が合わない場合もあります。依頼する場合には、事前に面会し、実績についても確認するようにしましょう。

相手の行動に違和感を感じたら…

あなたの直感当たっているかも…

『浮気・不倫のあやしい行動チェック!不貞の証拠は普段の行動にヒントあり!』

で浮気の行動パターンをチェックください。

弁護士の依頼は、請求する慰謝料の金額によって検討しましょう

弁護士費用は高額となりますが、請求する慰謝料が高額であり、またその支払いが認められる可能性が高いと思われる場合、適切な権利を受ける為には、専門家である弁護士に依頼したほうが安全であり、得策と言えます。

あなたのケースで弁護士が必要かどうかの判断が難しい時は、まずは弁護士による離婚相談で判断を仰いでみては如何でしょうか?