離婚と親権

まずは子供を最優先に

子供がいて離婚の決断をする場合、もっとも気がかりなことのひとつに「親権」があります。

そしてこの「親権」の行方が不安で、離婚に踏み切れないでいる方も少なくありません。

ただし相手の理不尽な行動に我慢する結婚生活は、あなただけではなく、子どもにとっても大きなマイナスになってしまいます。

子供の意見を無視してすべてのことを親が決定することが決してい正しい行動とは言えませんが、子どもの将来を冷静に考えてバランスを如何に取るかが重要です。

なぜならこの行動が、子供の今後の人生を左右する大きな選択になるからです。

まずは子どもにとって、そしてあなたにとって、どういった選択が今後の人生のプラスになるかをしっかりと話し合うことが大切です。

しかし親権についての話し合いは必ずしもうまくいくケースばかりではないのが現実です・・・

※借金、住宅ローン、カードなどで専門家による無料相談をお考えの方は「借金相談」へお進み下さい。

借金が理由で離婚の危機に……

家族の借金、家族に内緒の借金が原因で離婚の危機に直面している人はたくさんいます。

安心してください。正しい手順さえ踏めば、借金は解決できます。

気になるその方法は当サイトイチオシコンテンツ

借金問題は意外と簡単に解決できる』で確認下さい。

親権問題と弁護士

なぜなら相手が親権を主張する場合は、非常にややこしいことになるからです。

さらに離婚の原因が自分にある場合は、さらに慎重に話し合いを進める必要があります。

そして「慎重な話し合い」を行うのであれば、離婚問題に強い弁護士に依頼することが良い結果につながることがあります。

自分が不利な立場で親権の話し合いを進めること、また法律的な知識を持たずに交渉を成功に導くのは非常に難しいからです。

親権問題は子供とあなたの人生にとって、とても大きな問題です。

少しでも不安要素がある場合、迷わずに離婚の専門家にご相談下さい。

相談費用が気になる方もいるでしょうが、相談は無料という弁護士事務所も少なくありませんので、探せば見つかるはずです。

まずは自分の状況を整理して、自分にあった弁護士を探すことからはじめてみましょう。

いつかそのうち……ではなにも変わりません。

私が後悔しない離婚ができたのは簡単な一歩を踏み出したから。

離婚を本気考えている方は……

離婚の悩みは無料相談で解決』で後悔しない離婚の方法を探してください。

離婚と親権

今までの親権のイメージは、父親が親権を取得するのは困難というイメージがありましたが、現実的には7世帯に1世帯は父子家庭です。

父子家庭が15%という数字は、イメージするものよりも多いと感がじる方もいるかもしれません。

そしてこの数字は親権を取得したい父親に希望を与えるものかもしれませんし、反対に母親にすれば気に病む数字かも知れません。

父親、母親のどちらにしろ、親権の取得を本気で望むのであれば、親権について正しく理解し知識を得ること大切です。

正しい情報をもってこそ、しっかりと「親権問題」に向き合うことでできるのです。

このページでは「親権」に関することをわかりやすく、解説していきます。親権問題にお悩みの方は是非参考にして下されば幸いです。




親権を決定する基準

離婚と親権

親権(しんけん)について考えている皆さんは、きっと子供を大切にしたいと思っていることでしょう。 親権を決定する基準は、子供を大切にしたいという思いと、子供を大切にできるかどうかの両方がとても大切なことになってきます。 子 […]

親権の異議申し立てをする方法

離婚と親権

異議あり!は必ず認められる? 「母親」と「父親」が「話し合って」も「親権者」が決まらない場合は「裁判所」が、どちらの親を「親権者」としたほうが、子供の幸せかということを考慮して決めることになっています。 「裁判所」が家庭 […]

親権を変更する方法

離婚と親権

親権を変更する 離婚するときに一度決めた親権を変更することはできるのでしょうか? 答えは「YES」です。親権者は後から変更することができます。 例えば、親権を持った側のお母さんが病気になってしまい養育状況や、経済力の点で […]

【親権】兄弟(姉妹)の不分離

離婚と親権

兄弟(姉妹)不分離の原則 未成年の子どもがいる夫婦にとって、離婚時にもっとも揉める問題は親権についてではないでしょうか。 ましてや子供が一人、二人、三人と複数いる場合では親権問題はさらに複雑化します。 ここでは離婚時の「 […]

親権はどちらが有利?(母親or父親)

離婚と親権

やっぱり「母親」が有利!? 「子供を大切にできるのは、誰か」ということが親権を決定する基準です。 子供を大切にしたいと思う気持ちは親であれば「母親」も「父親」も同じでしょうが、思いだけでは実際に子供を大切にできないことが […]

親権を放棄する方法

離婚と親権

親権を放棄することは可能です。 しかし親権を放棄するには、必ずそれ相応の理由が必要になってきます。 なぜなら親権とは軽いものではないからです。 親権を放棄したい。 例えば離婚届には子供の「親権者」を記入する欄が必ずありま […]

ページの先頭へ