離婚をすると、良くも、悪くも生活が一変します。

特に子育てをして、専業主婦だったり、パート・アルバイトで働いている場合は新しく仕事をはじめなければならなくなります。

女性は――離婚の原因にもよりますが――離婚をすることで精神的には楽になることが多いですが、肉体的・金銭的には苦しくなります。

慰謝料や養育費が支払わられていたとしても、今まで夫婦で支払っていた費用や子育てにあてていた時間を自分ひとりでなんとかしなければなりません。

そうなると「仕事を探す」「稼げる仕事に転職する」「時間の自由が取れる職場を探す」など、働き方を変える必要が出てきます。

・業界トップクラスの豊富な求人数

・時給が高い

・寮保有案件多数

・労働保険/社会保険の保険制度が完備

綜合キャリアオプション』をチェック!

就職・転職のために離婚をした女性が知っておきたいこと

そもそも女性は男性に比べて、稼ぎづらく、年齢とともにその差はどんどんと開いて行きます。

特に「資格」「キャリア」がない専業主婦は離婚後、世帯収入が大幅に下がってしまい、生活が困難になってしまうことだって少なくありません。

離婚した女性が安定した生活をつづけていくためには、まず「稼げる仕事」を知り、どういった職種に就職・転職するかを考える必要があります。

離婚した女性におすすめの仕事の給料大公開!

離婚した女性が新たに就職・転職を考えた際に、ハズせないのが「就職のしやすさ」「収入」「労働時間」の3つです。

それぞれのバランスを考えた時におすすめの仕事と年収が次の通りです。

職業 年収
宅建士(不動産) 430万円~
看護師(医療系) 470万円~
ファイナンシャルプランナー(保険) 350万円~
介護福祉士(介護) 380万円~
コールセンター(事務) 320万円~

ある程度子育てが終わって「ガッツリ稼ぎたい!」という方は、資格さえあれば高収入が狙える、「宅建士」「看護師」がおすすめです。

ただし、資格がないと就職できず、さらに経験者が優遇されるタイプの仕事なので、無資格・無経験の方には就職・転職が困難というデメリットがあります。

それでは逆に稼ぐ金額は、そこそこですが時間の余裕があり、就職・転職しやすい仕事の場合は「介護福祉士」や「コールセンター」がおすすめです。

女性が活躍しやすい業種ということもあり、収入自体は多くはないですが、子どもとの時間も取りやすい!

そして「就職のしやすさ」「収入」「労働時間」のバランスが比較的取れているのが、保険系のファイナンシャルプランナーです。

実力次第なところもありますが、宅建士や看護師ほどは資格の習得条件も厳しくなく、稼ぎやすく、シングルマザーでも続けやすいというメリットがあります。

子育てしながらのお仕事は? パート・アルバイトは、何がおすすめ?

子どもが小学校に進学し、働く時間が取れるママなら就職・転職はしやすいですが、まだまだ手がかかるお子さんがいる場合はどうしても労働時間が短い仕事をせざるを得ません!

子どもから長い時間眼と手を離せない女性は時間の融通が効きやすい「パート」「アルバイト」で働くという方法があります。

最近は人手不足の影響もあり、パートもアルバイトも従業員を募集しており、離婚したばかりで子育てに追われている女性も働きやすい!

離婚した女性におすすめなパート・アルバイトはコチラ。

業種 時給
塾講師、家庭教師 1500円~
医療事務 1300円~
コールセンター 1100円~
データ入力、事務処理 1000円~
ピッキング、物流管理 900円~
スーパー、コンビニ店員 800円~

アルバイトやパートとは言え、スキルがあれば普通の正社員と変わらない時給がもらえる業種も少なくありません。

特にコールセンターやデータ入力、事務処理はアルバイト、パートでも十分稼げます。

「派遣」という選択肢はアリ? 働きやすさと収入面はでおすすめです!

離婚した女性が「今すぐ働きたい!」という場合、アレコレ就職・転職先を探すよりも、手っ取り早く仕事を紹介してもらう「派遣」を利用するという方法もあります。

「派遣」の労働時間は、ほぼ正社員と同じですが、業種自体はさまざまな選択肢があり、働く業種によっても時給は異なります。
女性が働きやすい業種での、それぞれの年収は次の通りです。

業種 年収
看護師 380万円~
コールセンター 300万円~
事務 280万円~

派遣の年収は、正社員の年収に比べると50~100万円近く低いです。

ただ休みやすかったり、時間の都合がつきやすいため離婚後で子育てに時間がかかる女性にはおすすめです。

「在宅」という働き方は?自宅で仕事はできるものの……

「子どもと離れられないけど、収入が欲しい」、パートやアルバイトが難しい方の新しい働き方として「在宅ワーク」があります。

インターネット環境の発達により、在宅でも仕事ができるようになった今、在宅ワークで正社員と同じぐらい稼ぐ人も増えてきました。

業種 収入(1案件辺り)
プログラマー 1万円~
デザイナー 5000円~
覆面調査 3500円~
在宅ライター 500円~
データ入力 100円~

プログラミングや外国語の翻訳など特別なスキルがあれば、在宅ワークでも正社員並に稼げることがあります。

しかし、ほとんどの在宅ワークは「数をこなさなければ稼げない」というデメリットがあり、自由な時間で働けるものの、労働時間の割には稼げない案件が少なくありません。

離婚した女性の就職・転職を有利にする資格とは?

職業 取得資格 取得難易度
宅建 実務経験2年or登録実務講習 ★★★★★
看護師資格 高卒以上、専門学校3年以上 ★★★★★
ファイナンシャルプランナー AFP認定研修を修了or実務経験 ★★★☆☆
介護職資格 カリキュラムの受講など ★★☆☆☆
医療事務資格 特になし ★★☆☆☆
簿記3級 特になし ★☆☆☆☆

先にご紹介した内容を参考に、離婚した女性の就職・転職を有利にする資格は上記の通りです。

宅建・看護師資格は持っていれば就職・転職は有利ですが、資格の取得が難しく、今すぐ取れるタイプの資格ではありません。

しかし、介護系の資格や事務職に必要な簿記、ここでは紹介していない「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」などは資格取得の条件が特にありませんが就職・転職を有利にします。

また高時給が期待できる「医療事務資格」の資格も取得しやすく、稼げる金額と資格の習得難易度とのバランスも良いので、おすすめです。

離婚した女性の仕事探しは、どうすれば?

離婚して、金銭的に不安定な女性が仕事を探すには、どうすれば良いのでしょうか?

紹介先 おすすめ度
ハローワーク ★☆☆
大手転職サイト ★☆☆
専門職サイト ★☆☆
バイト、パート紹介 ★★☆
総合就職・転職サイト ★★★

ハローワークはあまり質の良くない仕事が多く、給与も最低賃金なところが多いため、離婚した女性の仕事探し先としてはおすすめできません。

また大手転職サイトは「企業側」に立っているため、離婚した女性は、資格面やキャリア面、労働時間面など企業側から見て不安な点が多く、大手転職サイトを利用しても仕事を見つけるのが、困難なことが少なくありません。

すでに資格がある人なら、専門職サイトを利用する手もありますが、そうでない人は、仕事を見つけることができません。

しかし、そういった離婚したばかりの女性でも「総合就職・転職サイト」を利用すれば、就職も派遣も、バイトやパート、在宅での仕事が豊富に掲載されているから、自分の条件にあった仕事が見つかりやすい!

1番良いのは、選択肢が多いこと。自分の「キャリア」と「働き方」「収入」からさまざまな仕事を選ぶことができるのが総合就職・転職サイトの『綜合キャリアオプション』です。

『綜合キャリアオプション』はさまざまな働き方の中からら選べるおすすめのサイトです。

しかも「寮付き」のお仕事もあるので、離婚後の家賃の支払いが厳しくなって……という方も『綜合キャリアオプション』がおすすめです!

・住まいと仕事を同時に見つける事も可能

・全国90拠点の安心サポート

業界トップクラスの豊富な求人数であなたをサポート!!