離婚をして「いざ、新生活!」と人生の新しい一歩を進める前に、まず気付かされるのが「1人で生活するには家がいる」ということ。

しかし、今の持ち家は”邪魔”になっていませんか?

離婚した後、改めて考えると「家」って、厄介者です。

2人の共有財産だから処分するか?

あるいはそのまま住み続けるか?

しかし、2人でいる時はちょうど良かった家も1人や子どもと暮らすには広すぎるし、それぞれの新しい生活に必要なものは、むしろ「お金」の方ではないでしょうか?

□ 離婚問題の専門分野満足度『97.2%』

□ 弁護士への相談が無料

□ 3つの売却方法を採用

不動産の売却相談なら『いえカツLIFE』まで。

離婚したら新しい「家」は、どうする?

お互いに離婚したら、新しい家を探さなければなりません。もう夫婦でない以上、同じところに住むわけにはいきません。

離婚した夫婦が取れる選択肢は次の、どちらかです。

  • どちらかが今の家(購入した不動産物件)に住み続ける
  • 今の家を売却してお互いに別の家で暮らす

中でも、離婚時と離婚後にトラブルになりやすいのが「どちらかが今の家(購入した不動産物件)に住み続ける」です。

今の家(購入した不動産物件)に住み続ける場合は、どうなるのか?

不動産物件は、夫婦の共有財産です。

もちろん、住んだ年数やお互いに支払った金額などによって多少の差はあるでしょう。しかし、購入した不動産物件をそのまま住む場合は、住む側が住まない側に「不動産物件の50%の価値に相当するお金あるいは財産」を支払う要があります。

いわゆる「財産分与」というやつですが、この場合、離婚するお互いに次のようなデメリットが生じます。

  • ローンが残っている場合は住む側が支払い続ける必要がある
  • 夫婦共同名義でローンを借り入れている場合は審査が通らないことがある
  • お互いに自由になるお金が少なく、トラブルの原因になる
  • 離婚した相手に住所が知られている

離婚して、ローンの返済が終わっていればそこまで話は難しくありません。

しかし、離婚してローンが残っている場合は面倒なトラブルの種になる可能性があります。

1つは「住む側がローンを支払い続けることが出来るのか?」というお金の問題です。財産分与の条件によっては、購入した家に残る側はその後のローンは支払い続けなければなりません。

銀行側が離婚した結果「支払い能力なし」と判断すれば、ローンの借り入れが難しくなり、やはり今の家に住むことができなくなる可能性があります。

また不動産物件を売ることができないので、お互いに離婚後に使えるお金が少なくなってしまいます。

「さぁ、新しい生活をスタートさせるぞ!」となっても、お金がないと新しいスタートを切ることができません。

そして、DVやお互いに不仲なせいで一方的に離婚した場合は、住所が相手側にバレているため今後の生活に、トラブルが起きる可能性もあります。

さらに夫側が名義人の時はローン審査が通らない可能性が高い!

夫婦が離婚し、不動産物件にローンが残っている場合は、ローンの名義人をほとんどの場合夫から妻に書き換えなければなりません。

しかし、妻の方に銀行側が「支払いない」と判断してしまったら、ローンの審査が通らず、新しくローンを借り換えをするかその分手数料と金利が高くなる)、今ある不動産を処分する必要があります。

妻側が夫の代わりにローンの借り入れをする場合は、夫以外の保証人を連れてこなければなりません。

また夫から妻に名義変更したとしても、ローンを滞納し銀行側が一括返済を求めてそれが不可能だった場合は、今の家――不動産物件が競売にかけられ売られてしまいます。

このように離婚後も同じ家で暮らし続けるのはトラブルのもとであり、離婚をしたのなら今の家を財産分与してローンをキレイさっぱり片付けてしまうのが離婚したお互いにとってベストな方法です!

□ 離婚問題の専門分野満足度『97.2%』

□ 弁護士への相談が無料

□ 3つの売却方法を採用

不動産の売却相談なら『いえカツLIFE』まで。

離婚して賃貸物件に住むことになったら、何が必要?

離婚をして賃貸物件に住むことを選ぶ際になった際に、改めて必要になるのが次ものです。

  • 審査
  • 敷金
  • 礼金
  • 家賃
  • 共益費
  • 保証人

離婚した後の家探しは、独身時代とさほど変わるワケではありません。

しかし、離婚の仕方によっては「保証人が見つからない」などのトラブルが生じる場合があります……が、そんな方でもお金があれば、なんとかなります!

そう離婚した後にもっとも必要なものは「お金」です。

新しい生活をスタートするにもお金がなければ、家を探すのも一苦労。賃貸物件を借りることもできません。

ただ家を売るだけではなく、弁護士に相談して一番高く売りたい方は『いえカツLIFE』までお問い合わせください。

今の家を処分して資産を分ける。離婚後の財産分与の方法は?

離婚後にお互いの負担を減らすための方法として、おすすめなのが「財産分与」です。

財産分与とは夫婦が婚姻中(結婚してから離婚するまで)に築いた財産を、離婚の際に分配する制度です。

財産分与には次の3つがあります。

  1. 清算的財産分与……夫婦が婚姻中に形成した財産の清算
  2. 扶養的財産分与……離婚により生活が苦しくなる配偶者への扶養
  3. 慰謝料的財産分与……慰謝料としての意味を含むもの

結婚後に不動産を購入した場合は、上記のどれかを行う必要があります。

清算的財産分与は、端的に言えば「公平に財産を分けましょう」という方法です。不動産だけでなく、結婚時にお互いに得た財産を分けるので「家」を選ぶとそれ以外の財産(車や貯金)を失います。

ただ「扶養的財産分与」か「慰謝料的財産分与」をした場合は、家が残ったとしても、貯金や一部財産、慰謝料がもらえることがあります。

ここで注意して欲しいのが後々のトラブルを避けるためにも、財産分与をする際には弁護士を雇った方が良いということです。

第三者が仲介に入ることで、骨肉の争いになりがちな財産分与も短期間でスムーズに終わらせることができます!

ただ財産分与をする際に家が残ることに、どれほどのメリットがあるかどうかはしっかり考えなければいけません。

賃貸物件で家を探す場合は、せいぜい敷金や礼金を支払うだけで良いですが、持ち家があると次のようなデメリットがあります。

  • ローンを支払い続ける必要がある
  • 自然災害で修繕が必要になる可能性がある
  • 定期的に家を修繕(リフォーム)する必要がある
  • 不動産価値が下がり、家が売れなくなる
  • 家が売れず負債としてのしかかる可能性も……

賃貸物件を借りるのと持ち家を所有し続けるのでは、意味が全く異なります。

離婚をしておらず、夫婦である程度の年収があるのならば定期的な修繕やリフォームも苦にはならないでしょう。

しかし、自分1人でローンを支払い、定期的に発生する修繕費を支払い。

しかも、年々不動産の価値は下がり、不動産物件が売れなくなってしまう――まさに負のスパイラルとも言うべき状況に陥ってしまう可能性だってあります。

家という「財産」が、アナタを苦しめる「負債」になる前に。家を売りやすい離婚直後にこそ、家を財産分与しながら売ってお金に変えるべきです!

離婚したら「家」はすぐ売ろう!家が負債になる前に

離婚したらお互いにとって、家は財産ではなく「トラブルの種」「ローンの塊」「先々の不安」と言った負債になる可能性が高い!

ただでさえ、離婚をして不仲な2人が家のことでさらにトラブルになれば、離婚後の問題が拗れにこじれることは明白です。
そういったムダなトラブルでお互いにお金とパワーを使わないためにも、離婚したなら家は売ってしまいましょう!

そして、損せずなるべく高値で家を売るためにも、信頼できる不動産会社を利用するのが1番!

離婚で家を売却する方にオススメの不動産売却サイトは『いえかつLIFE』。専門性の高い担当者がアナタの意向にそった適切なアドバイスで負債になる前にお家を売ってくれます。

しかも『いえかつLIFE』は家が売れるまで、何度でも無料で弁護士相談の利用が可能!

離婚をしてお互いに家の処分に困っている。余裕を持った状態で新しいスタートを切りたいという方は、家を探す前に『いえかつLIFE』を利用して、なるべく高値でそして満足した状態でお家を売ってくださいね♪

□ 離婚問題の専門分野満足度『97.2%』

□ 弁護士への相談が無料

□ 3つの売却方法を採用

不動産の売却相談なら『いえカツLIFE』まで。