離婚時にはたくさんの取り決めや手続きがあります。

例えば、親権、養育費、慰謝料、財産分与と言った取り決めを行う必要があります。

ただし法的ことが関わってくるので、簡単に判断できなこともたくさんありません。そこで相談したいのが離婚問題に詳しい専門家です。専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで薩摩川内市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。




薩摩川内市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、薩摩川内市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

薩摩川内法律相談センター

弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

◯市役所市民相談室

相談日時:月2回程度

◯川内文化ホール

相談日時:月1回程度

問合せ先:鹿児島県弁護士会事務局

電話:099-226-3765

女性・家庭相談

女性・家庭相談員による相談です。詳細はご確認下さい。

受付時間:平日開催(開庁時間内)

相談電話:0996-20-6343

問合せ先:子育て支援課

電話:0996-23-5111(内線:2365

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。




離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:市民課(戸籍グループ)

代表:0996-23-5111

または各支所(樋脇、入来、東郷、祁答院、里支、上甑、下甑、鹿島)までお問合せ下さい。

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。




離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:保険年金課(国民年金グループ)

代表:0996-23-5111

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

川内年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:薩摩川内市平佐町2223

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:0996-22-5276

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

市民課、各支所(樋脇、入来、東郷、祁答院、里支、上甑、下甑、鹿島)で手続き下さい。

問合せ先:保険年金課(国民年金グループ)

代表:0996-23-5111

薩摩川内市のひとり親家庭の支援

◯子育て支援課(育成支援グループ)

・児童扶養手当
・ひとり親家庭等医療費助成事業
・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金

代表:0996-23-5111

◯障害・社会福祉課(障害福祉グループ)

・特別児童扶養手当

代表:0996-23-5111

薩摩川内市役所※相談の日時や予約の確認は、薩摩川内市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:薩摩川内市神田町3-22

代表:0996-23-5111




薩摩川内市の離婚事情

薩摩川内市の離婚件数の推移です。

平成元年:112組
平成5年:135組
平成10年:172組
平成15年:224組
平成20年:216組
平成25年:160組
平成26年:128組
平成27年:176組

次に母子家庭世帯の推移です。

平成12年:619世帯
平成17年:393世帯
平成22年:736世帯

離婚エピソード:『甲斐性なしが原因で離婚を言い渡された

世の中の男性は、基本的に「外に出て働く」という形で収入を得ています。自宅でSOHOを行っている人もいるでしょうが、いずれにしても「生活するうえで必要な稼ぎがある」ということが大前提です。

私が元妻と結婚したころは洋食のコックとして働いていました。飲食業界というものは修業中は比較的給料が低く、キャリアを積むにつれて一般的な会社員よりも高くなるような体制が多くあります。

私が働いていた環境は修業中からある程度高い給料が貰える優遇された環境でしたが、ケガで退職せざるを得ない状態になってしまいました。

退職後、雇用保険(失業保険)を申請して療養をしていたのですが、この間は「働かなくとも給料が貰える」状態だったので生活はそれほど苦しくはなりませんでしたが、ここで休養期間があったことで私はギャンブルを覚えてしまいました。

それまで、私は競馬を少しやったことがある程度でパチンコやパチスロに関しては興味すら持っていませんでした。たくさんお金を使うことはさすがに知っていたのですが、気分転換にと友人に誘われて行ったことがきっかけで、暇なときにはパチンコ店に足を運ぶようになってしまいました。

しかし、当然ことながら勝てるはずもなく、収入がなくなりつつあるにも関わらずお金が減っていきました。その状態はいかんと思い、体調と相談しながら働ける環境をとアルバイトをはじめて収入は多少入るようになったのですが、その状況が逆にギャンブルの頻度を増やす結果になってしまいました。

パチンコ店に行く、負ける、給料を使い込む、お金がなくなるというスパイラルに突入した結果、私は消費者金融から借金をするという選択をしました。

当然、そのことは元妻には内緒にしていて、「勝って、もしくは次の給料で返せば良いだろう」と安易に考えていました。しかし、状況は徐々に悪化していき、1年も経たずに借金は100万円を超えました。

そして、このころ借金の存在が元妻にばれてしまい、それからほどなくして離婚を言い渡されてしまいました。