離婚時にはたくさんの取り決めや手続きがあります。

例えば、親権、養育費、慰謝料、財産分与と言った取り決めを行う必要があります。

ただし法的ことが関わってくるので、簡単に判断できなこともたくさんありません。そこで相談したいのが離婚問題に詳しい専門家です。専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで姶良市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。




姶良市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、姶良市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

女性弁護士による無料法律相談

市役所で開催される女性弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

相談日時:奇数月に1回

問合せ先:男女共同参画課(市民相談係)

電話:0995-66-3163

女性相談

DV、離婚、家庭内の問題などの電話・面談相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:平日(9時~16時)

相談専用0995-66-3182

会場:市役所、加治木総合支所、蒲生公民館

問合せ先:男女共同参画課(市民相談係)

電話:0995-66-3163

特設人権相談

人権擁護委員による相談です。婚姻、離婚、近隣とのトラブル、子どもの人権などについて相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:市役所HPをご確認下さい。

会場:姶良公民館、加治木総合支所、蒲生公民館

問合せ先:男女共同参画課(市民相談係)

電話:0995-66-3165

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。




離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:市民課(窓口証明係)

電話:0995-66-3159(内線:111)

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:保険年金課(国民年金係)

電話:0995-66-3111(内線:146)

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

加治木年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:姶良市加治木町諏訪町113

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:0995-62-3511

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:保険年金課(国保医療係)

電話:0995-66-3111(内線:115)

姶良市のひとり親家庭の支援

◯子ども政策課(児童福祉係)

・児童扶養手当
・ひとり親家庭等医療費助成
・自立支援教育訓練給付金事業
・高等職業訓練促進給付金事業
・母子父子寡婦福祉資金貸付

電話:0995-66-3111(内線:128)

◯長寿・障害福祉課(障害者福祉係)

・特別児童扶養手当

電話:0995-66-3111(内線:167)

姶良市役所※相談の日時や予約の確認は、姶良市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:姶良市宮島町25

代表:0995-66-3111




姶良市の離婚事情

姶良市の離婚件数の推移です。

平成元年:82組
平成5年:88組
平成10年:135組
平成15年:154組
平成20年:154組
平成25年:154組
平成26年:147組
平成27年:143組

次に母子家庭世帯の推移です。

平成12年:441世帯
平成17年:536世帯
平成22年:674世帯

離婚エピソード:『へそくりは大切!?離婚した女性が、必ず驚くお金の話』

私の離婚を決定したのが、お金でした。

ある日通帳を見たら、1000万円が、3ケタになっていました。
体調が悪くて、高熱を出して何日か寝込んで、その数日間にやられました。

夫が盗んで逃げたのです。と書きたいですが、そうはなりません。

家庭の中では、お金を自由に移動して良いからです。
家庭内でお金の移動をしばりすぎると、生活や仕事がなりたたないから。

だから、何千万円でも、何億円でも、夫は妻のお金を「移動」して良いそうです。

離婚した女性の多くが、離婚してから、その話を聞かされるそうです。

離婚してから、あのお金・このお金がないと気づいて調べるけど、夫の「移動」だから、お金が取り返せない・・・

夫が信頼できる人であっても、「自分だけのお金」「とりあえず生きられる金額」の確保は大切です。

夫を信頼しないから、作るお金ではない。

(ていうか、信頼できる夫なら、何かの時に備えて、そういうお金の用意を嫌がるはずがない)

(いろんな意味で、お金の保管場所は、1つに限定しない方が良いのですから)

銀行さんに、「どうもならない。ごめんなさい」と言われてしまった。

担当者によるのかもしれませんが、銀行さんも、こういうのは残念で、悔しいのです。

でも、予告なしに所持金が数百円になるって、やってみてください。

お金は、食事をしたり、住んでいる部屋を借りたり、必要な場所に出かけたり、生活に必要なものを買ったり・・・

人間にとって、大切なものをたくさん供給してくれる、空気や血液みたいなものです。

いつも当然のように、お金のお世話になっているが、全額無くなってみると、判ります。

命にかかわるほどお金を盗むって、盗みではないのです。

お金のほうだって、一生懸命にいろんな場所を通過して、多くの人の手を渡って苦労して、自分の処に来てくれたのです。

それを強奪するっての・・・。

どういうわけか、今の自分を支えているのが、ネットで知り合った仲間です。

リアルで会ったことがある人もいるが、そうではない人の方が多い。

1人1人がそれぞれの職場から、自宅から、あらゆる形で、私の気持ちを護ったり救ったり、支えてくれます。