離婚時にはたくさんの取り決めや手続きがあります。

例えば、親権、養育費、慰謝料、財産分与と言った取り決めを行う必要があります。

ただし法的ことが関わってくるので、簡単に判断できなこともたくさんありません。そこで相談したいのが離婚問題に詳しい専門家です。専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで霧島市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。




霧島市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、霧島市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

霧島市法律相談センター

弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

会場・相談日時:隼人市民サービスセンター(月1回程度)、国分シビックセンター(月2回程度)

問合せ先:鹿児島県弁護士会事務局

電話:099-226-3765

ひまわりの会

弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

相談日時:週1回程度、土曜日(月2回)

受付:平日(9時~17時)

問合せ先:ひまわりの会事務局

電話:099-227-0041

女性のための無料相談

◯霧島市働く女性の家(月1回土曜日)

女性相談員(臨床心理士など)による相談です。家庭内の問題、子育て、DV、セクハラなどについて相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:月1回程度

受付時間:平日(10時~16時)

問合せ先:メンタルケア研究会・コラソン

電話:099-254-2651

◯隼人市民サービスセンター

電話、面談による相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:月1回程度

問合せ先:隼人市民サービスセンター(地域振興課)

電話:0995-45-5111

人権相談

人権擁護委員による相談です。親子、夫婦間のトラブルなど人権問題に関する相談が可能です。詳細はご確認下さい。

◯国分総合福祉センター

相談日時:月1回程度

◯溝辺総合支所

相談日時:偶数月に1回程度

◯横川健康温泉センター、牧園保健センター、霧島総合支所

相談日時:年5回程度

◯隼人市民サービスセンター

相談日時:年7回程度

◯福山公民館

相談日時:年3回程度

◯福山市民サービスセンター

相談日時:年2回程度

問合せ先:鹿児島地方法務局霧島支局

電話:0995-45-0064

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。




離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:市民課(戸籍グループ)

電話:0995-45-5111(内線:1711~1713)

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。




離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:保険年金課(国民年金グループ)

電話:0995-64-0886

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

加治木年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:姶良市加治木町諏訪町113

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:0995-62-3511

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:保険年金課(国民年金グループ)

電話:0995-64-0886

霧島市のひとり親家庭の支援

◯子育て支援課(子ども・子育てグループ)

・児童扶養手当
・特別児童扶養手当
・ひとり親家庭等医療費助成制度

電話:0995-64-0735

◯子育て支援課(子ども家庭支援室)

・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金
・母子・父子・寡婦福祉資金貸付

電話:0995-64-0881

霧島市役所※相談の日時や予約の確認は、霧島市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:霧島市国分中央3-45-1

代表:0995-45-5111




霧島市の離婚事情

霧島市の離婚件数の推移です。

平成元年:144組
平成5年:190組
平成10年:228組
平成15年:303組
平成20年:262組
平成25年:275組
平成26年:265組
平成27年:273組

次に母子家庭世帯の推移です。

平成12年:757世帯
平成17年:986世帯
平成22年:1120世帯

離婚エピソード:『結婚する気のない結婚の結末はやはり離婚』

自分は独身の頃からギャンブルが好きで、よく消費者金融や友人などに借金をしていました。嫁と出会ったのはこの頃で、自分に借金があることは知りませんでした。自分自身は借金を隠そうと思っていたわけではなく、なかなか言う機会もなかったので、嫁には借金のことを言いませんでした。

ある日、嫁に呼び出され「妊娠している」ことを告げられました。自分自身は結婚する気がなかったので、子供を諦める話もしたのですが、嫁は頑なに「産む」の一点張りだったので、自分は借金を抱えたまま結婚することになりました。

嫁に借金があることを告げたのは子供が生まれてので、生活費などを見直す話になった時でした。自分に借金があることを告げると最初はビックリして、次第に怒りのためか顔が真っ赤になっていました。

その時の借金はある程度だと思っていたのでしょうが、自分の借金は消費者金融の審査が通らないくらいの額です。その額を告げると嫁の顔が一瞬で冷めた顔になったのがはっきりとわかりました。「これは離婚するな」と感じました。

しかし、それから2年ほど離婚せずに子供と嫁と一緒に暮らしていたのですが、自分のギャンブル好きは治ることなく、続いていました。この生活に終止符が打たれたのは「嫁の親が登場してきた」からです。

結婚してから嫁の親に挨拶もろくにしていませんでした。自分と嫁と嫁の親が二人で話し合いが始まりました。嫁が自分の借金のことを一部始終のことを話しました。

すると嫁の親が「今後どうしようと思っているのか」と問われたので自分は「このままでいます」と言うと嫁の親父の方が真っ赤な顔をして、怒りだしたので、自分はこの場が面倒になり、「気に食わないなら離婚します」と言いました。

嫁は自分が離婚すると言い出すだろうと思っていたのでしょう。鞄から離婚届の紙を出してきました。嫁の親の前で自分と嫁が離婚届を書いているのをじっと見つめていました。お

互いが判子を押し、「私は田舎に帰るから離婚届を役所に届けて欲しい」と言われ、次の日に役所に離婚届を持っていき、離婚成立しました。