離婚の理由と原因 夫家族の精神的なDV。頼りない夫に嫌気が差して離婚。
子どもの有無 3人
アドバイス 離活をする意味は離婚後の生活を守るためです。

私が、離婚への決意が固まったのは私が31才元主人37才子供が長男6才次男4才三男0才でした。

離婚の原因は、包容力の無さ自分の意見を全く言えなく人に全て任せて自立出来ない感じが耐えられなくなりました。

離婚への決意

元夫の祖母、姑、小姑と全く上手くいかず、特に大姑、姑のイビリが段々エスカレートして元夫に相談しても、流され全く助けてくれず、さには夫の目の前でいびられても全く無視するでした。

また長男と同級生の従兄弟がいて、いつも比べられうちの子のことはできが悪い、親のしつけが悪い等言われもう耐えられなくなりました。

元夫に大姑と姑の事を悪く言うと暴力を振るわれそうになり、最後にはお前が悪い言われるのです。さすがにこれ以上一緒に結婚生活を続けるは無理だと思いはじめたのです。

そして自分の奧さんと子供を守れない人は今後何かあっても、自分の家族を守れないと感じついていけなくなり、3人の子供を引き取り1人で生きていこうと決意しました。

離婚の準備

離婚を決めてから、まず取り掛からないといけない事は、子供達の親権を取るための準備です。私はまず下記4つのことを行動しました。

  1. 自分自身の収入を確保
  2. 子供を育てる環境を確保
  3. 実家の援助を確保
  4. 子供の気持ちを優先

まず実家の援助をお願いするために、実母に離婚と離婚後の生活について相談すると、全面的に協力してくれる事を約束してくれました。また母は同じ市内に住んでいたので、実家の側に引っ越す事を決めました。

次に仕事です。私は子育て期間はずっと専業主婦でしたが、昔一緒に仕事をしていた人に連絡し事情を話ししたらたまたま、会社を立ち上げるとの事で私にも手伝わせて欲しいとお願いしたらOKが出て、会社の経理をする事に決めすぐに働きました。

仕事をはじめた時のために、小さな子どもたちを預かってもらう所を探し、なんとか無認可の保育園に入れることがきまりました。子どもの送迎は実母も手伝ってくれることになり、やはり実家の近くに引っ越して正解でした。

これで離婚後の基盤ができました。あとは離婚を成立することだけです。

『家』探しは離婚前or離婚後?

住む家を決めるのは離婚する大きな障害となります。

そんな障害を越えるためにぜい読んで欲しいのが……

引っ越ししたくない方は『リースバックなら売った家にそのまま住める』で公開中!?

家をお探しの方は『離婚で後悔しないための家探し』で公開中!?

賃貸物件をお探しの方は『賃貸物件の探し方と上手な借り方』で公開中!?

引越し業者をお探しの方は『引っ越し費用を安く抑える方法』で公開中!?

離婚協議の開始

元夫に離婚を切り出すと、やはり予想通り反対されました。そのため私の「もう耐えられないやっていけない」気持ちを伝え、子供を連れて一先ず実家へ帰ることになりました。

その後何度か離婚協議は行いましたが、子供の親権でかなりもめました。

この話し合いの時にはすでに私の収入は元夫の収入を越えて、尚且つ子供達が小さく母親を必要とされている時期であるため親権ついて裁判で争っても負けることはないと主張したのです。

また離婚の原因は姑達の精神的なDVだったので、弁護士を使っても元夫にほぼ勝ち目はないと思ったらしく、離婚届に無事ハンコを押してもらい、離婚が成立しました。

また離婚後の生活が落ち着くまで養育費はいらないと私が伝えたことも離婚合意への後押しになったようです。

子供達の未来

結婚生活の日々の暮らしの中で、いつも両親がいがみ合ったり、喧嘩ばかりしたり、会話がなかったりすると子供は敏感なので心が傷つくと思いました。

子供達の未来を考え、父親がいて笑顔がない家庭よりは、父親はいないが毎日笑顔で暮らすことの方が良い子に育つと信じて、この道を選びました。

いろいろな手続き

離婚を決意して実家へ帰ると決めた時に、長男の転校をする旨を学校へ伝え、離婚が成立するまで実家から学校への車での送迎の手続きをすぐにしました。

そして離婚が成立すると同時にすぐに転校の手続きに入り、転校の時期も考え1学期終了と共に転校を決めました。

また離婚関連の手続きは、仕事を、休んだり早退したりしながらだったため、やはり多少時間はかかりました。

離婚届をすぐに出しに行き、子供がいるので裁判所にも行き、性を旧姓に変えるかそのままで行くかも悩みましたが、旧姓には戻さず元夫の性のままで手続きをしました。

自分自身の心

離婚が成立してからは、とにかく毎日が楽しく、幸せでした。人の顔色を伺わなくていいし、好きな時に遊べて好きな時に寝れて、自由って精神的休まり負担から解放され最高でした。

私の場合、離婚して大変だと思ったことは子供達と全力で体を使って遊ぶことでした。また周りのお友達は、お父さんがいるのに自分だけいないのはなんで?と言われたことに対して、申し訳ない気持ちが少しありました。

しかし離婚後、経済的には何の問題もなかったのは離婚前の離活の成果だと思います。

離婚は準備が大事です

お子さんがいる方で離婚を考えてる方は、自分だけの問題ではないので、親権を取るためには必ず準備は必要です。

最低限、実家の側に引っ越す、仕事を探し安定したお給料を半年はもらう、子供を育てる環境を整える事です。

無理して結婚生活を続けてもあなたと家族に良いことはないと思います。まずは離婚を決意したら離婚後の準備をしてから離婚です。

離婚だけを急いですると心に余裕がなく、離婚の話も、離婚後の生活も上手くいかないことが多いと思います。