離婚という文字が頭に浮かんでも、なかなかすぐに離婚に踏み切ることはできません。コレがある意味正解です。

急いで結論をだすと、離婚後の後悔につながることが多いからです。

離婚する際の手続き、少しでもいい条件で離婚するための方法、離婚後の生活について等々離婚経験のない方ならわからないことだらけだと思います。

そこで是非お試して頂きたいのが、弁護士等の専門家に相談することです。

しかし、いきなり法律事務所の門を叩くというのも尻込みしてしまうことだと思います。

費用面も不安ですし、心当たりがなければ、どこの法律事務所に相談していいのかもわかりません。

そんな時は、市区町村役場などでやっている無償の法律相談を利用するということも考えてみましょう。

いつかそのうち……ではなにも変わりません。

私が後悔しない離婚ができたのは簡単な一歩を踏み出したから。

離婚を本気考えている方は……

離婚の悩みは無料相談で解決』をご覧ください。

養育費の不払い、そもそも養育費は貰っていない……

養育費の悩みを抱えている方は……

養育費を立替えて貰って悩み解決』をご覧ください。

市区町村役場の法律相談

法律事務所に相談にいけば、具体的に依頼をしなくても時間あたりいくらといった具合に費用が発生します。

そこで市区町村役場では、無料での法律相談を実施していることがあります。

相談に際しては、役場から依頼を受けた弁護士等の法律の専門家が担当してくれます。

ただし、離婚問題を専門に扱う弁護士さんばかりというわけではないので覚えておきましょう

法律相談を利用する方法

市区町村の法律相談を受けるには、どうすればいいのでしょうか?

離婚届けや住民票をもらうのは違い、いきなり窓口へいけばいいというわけではありません。

多くの場合、相談日が決まっていることが多く、また予約が必要な相談が大半です。

まずは、住所地の市区町村役場などで確認してみましょう。

利用時の注意点

法律相談の場合は、あらかじめ時間が限られています。

相談時間は決して十分な時間(30分程度が多い)ではないので、あらかじめ聞きたいことに優先順位をつけておきましょう。

離婚の手続きや養育費や慰謝料等離婚後の生活についてなど聞きたいことは沢山あるでしょうが、的を絞った方がいいです。

また、その場ではうまく話せないこともあると思いますので、あらかじめ今までの経緯や離婚に至った原因等について書き出しておくことも有効です。

また限られた時間、弁護士にも得意不得意分野があること、弁護士にとっては仕事の一環ですが費用の面からも限られた範囲でしか対応できないこともあります。

そのため、無料法律相談はあくまでも離婚に向けて法律的な整理をする入口と思って利用するのが無難です。

市区町村が行っている法律相談以外にも、「法テラス」と呼ばれる日本司法支援センターが行っている相談、弁護士会が行っている相談業務もありますので、必要に応じて活用してみてはいかがでしょうか?

また、自分で色々調べて事前に知識を持って相談に臨むことで、効率的に相談することができますので、ぜひ実践下さい。

借金が理由で離婚の危機に……

家族の借金、家族に内緒の借金が原因で離婚の危機に直面している方へ……。

心配無用!正しい手順さえ踏めば、借金は解決できます。

家族に内緒の借金!簡単解決方法』でご覧ください。