離婚時にはたくさんの取り決めや手続きがあります。

例えば、親権、養育費、慰謝料、財産分与と言った取り決めを行う必要があります。

ただし法的ことが関わってくるので、簡単に判断できなこともたくさんありません。そこで相談したいのが離婚問題に詳しい専門家です。専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこでうるま市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。

いつかそのうち……ではなにも変わりません。

私が後悔しない離婚ができたのは簡単な一歩を踏み出したから。

離婚を本気考えている方は……

離婚の悩みは無料相談で解決』をご覧ください。

うるま市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、うるま市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

弁護士による離婚相談

市役所で開催される弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

相談日時:月3回程度

会場:本庁東棟(第3・4木曜日)、石川庁舎(第2木曜日)

問合せ先:市民協働課

電話:098-973-5487

女性相談

離婚、夫婦、親子、家族など問題について相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:平日開催(開庁時間内)

会場:児童家庭課内

問合せ先:女性相談室

電話:098-973-5041

人権相談

人権擁護委員による相談です。親子、夫婦間のトラブルなど人権問題に関する相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:月1回程度

会場:お問合せ下さい。

問合せ先:市民協働課

電話:098-973-5487

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。

『家』探しは離婚前or離婚後?

住む家を決めるのは離婚する大きな障害となります。

そんな障害を越えるためにぜい読んで欲しいのが……

引っ越ししたくない方は『リースバックなら売った家にそのまま住める』で公開中!?

家をお探しの方は『離婚で後悔しないための家探し』で公開中!?

賃貸物件をお探しの方は『賃貸物件の探し方と上手な借り方』で公開中!?

離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:市民課

電話:098-973-3206

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

借金が理由で離婚の危機に……

家族の借金、家族に内緒の借金が原因で離婚の危機に直面している方へ……。

心配無用!正しい手順さえ踏めば、借金は解決できます。

借金は意外と簡単に解決できる』でご覧ください。

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:市民課

電話:098-973-3206

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

年金の手続きや相談は、コザ年金事務所までお問い合わせください。

所在地:沖縄市胡屋2-2-52

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:098-933-2267

経済的な不安があって離婚に踏み切れない方へ。

本気で仕事を探したい方は『離婚したい女性の仕事の探し方

安定した仕事に就きたい方は『本気で離婚したい人に必須の資格』をご覧ください。

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:国民健康保険課

賦課徴収係賦課徴収係:098-973-3202、098-989-5372

国保給付係:098-989-5347

国保管理係・後期高齢者医療係:098-973-3177

うるま市のひとり親家庭の支援

◯児童家庭課

・児童扶養手当
・特別児童扶養手当

電話:098-973-4983(内線:1222)

◯児童家庭課(母子父子医療担当)

・母子及び父子家庭等医療費助成

電話:098-973-4983

◯児童家庭課(母子係)

・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金

電話:098-973-4983

うるま市役所※相談の日時や予約の確認は、うるま市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:うるま市穀町うるま市みどり町1-1-1

代表:098-974-3111

相手の行動に違和感を感じたら…

あなたの直感当たっているかも…

『浮気・不倫のあやしい行動チェック!不貞の証拠は普段の行動にヒントあり!』

で浮気の行動パターンをチェックください。

うるま市の離婚事情

うるま市の離婚件数の推移です。

平成元年:232組
平成5年:241組
平成10年:299組
平成15年:352組
平成20年:320組
平成25年:339組
平成26年:315組
平成27年:302組

次に母子家庭世帯の推移です。

平成12年:1080世帯
平成17年:1232世帯
平成22年:1266世帯

離婚エピソード:『ある日突然の離婚請求』

DVと離婚。ある日突然の離婚要求

結婚して6年半、子供はおらず、共働きで仲良く暮らしていました。

夫は仕事上、日本各地への転勤の可能性があったので住まいは賃貸でした。

その年、本社へ転勤になり、営業職を離れたためしばらく転勤はないだろうということになり、もう少し本社に近い場所に引っ越しをしようと話し合っていました。

物件の情報を入手し、よさそうなところをピックアップ。私は夫に代わって内見の予約をしました。

内見当日、朝起きると夫はまだ眠っていたため、自分の準備をある程度済ませてから夫を起こしました。起きてきた夫は、いつもとは違う表情でした。

どうしたの?と尋ねると、離婚したい…と。これが私が離婚請求された最初です。

別居生活のはじまり

その日から彼は家に帰って来なくなりました。

仕事があるため、日曜日の夜には帰るだろうと思っていましたが帰宅せず。連絡すると、実家から通うと言われました。

俺のため、俺の今後を少しでも思ってくれるなら、離婚してほしい。理由はないが、自分が稼いだお金は自分のために使いたい。それには、嫁は不要だったと。

それが彼の離婚したい理由でした。

弁護士に財産分与の相談

翌週末、彼は身の回りのものを取りに帰ってきました。話し合いを求めても、気持ちは変わらないの一点張り。とにかく、早く離婚したい。それだけでした。

とは言え、通帳もカードも彼が持っています。私は引っ越し予定だったためすでに仕事を辞めていて無職。引越し代だってないと言うと、引越し代として30万渡されました。

さすがにおかしいと思い、弁護士に相談しました。

そこで、財産は分与できること、旦那さんはなぜそんなに急に離婚を迫ったのか、確かめておいた方がいいかもしれないとアドバイスされました。

万が一、旦那さんに不貞があった場合は、離婚するにしてもまた違った方法になると。不貞をしている側は、離婚請求はできないと聞きました。

夫の不貞行為が発覚

結果的に、彼には女性がいました。彼には、私が女性の存在に気がついたことを言わず、とにかく証拠を集めました。

弁護士には、「写真や動画などが一番効果のある証拠になるが、極端な話、裸で抱き合っている写真を突きつけても、不貞と認めない人もいます」と言われました。

私はかなり混乱、憔悴していたため、友人や家族の手を借りて、集められるだけの証拠を集めました。離婚調停を起こす前に、彼が彼女の存在を認め、謝罪するのであれば許そうと思い、それを弁護士に伝えました。

弁護士は、証拠があることは旦那さんには伝えずに話した方がいいでしょうと言われました。言われた通り、証拠には触れず、彼に彼女の話をしました。
離婚調停で決着

でも案の定、彼女は相談相手だっただけで、そういう関係ではないと言い切りました。最後には逆ギレ。怖くなった私は逃げるようにその場を去り、後日、調停を起こしました。

調停でも、初めは不貞を認めなかった彼ですが、数々の証拠と共に調停員に叱咤いただき、最後は認めて謝罪しました。

法的な立場でアドバイスをくれる弁護士さんは、離婚するに当たってとても強い味方でした。

もし、夫に何か疑惑がある場合、まずは弁護士に相談するとこをお勧めします。