離婚時にはたくさんの取り決めや手続きがあります。

例えば、親権、養育費、慰謝料、財産分与と言った取り決めを行う必要があります。

ただし法的ことが関わってくるので、簡単に判断できなこともたくさんありません。そこで相談したいのが離婚問題に詳しい専門家です。専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで宜野湾市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。

いつかそのうち……ではなにも変わりません。

私が後悔しない離婚ができたのは簡単な一歩を踏み出したから。

離婚を本気考えている方は……

離婚の悩みは無料相談で解決』をご覧ください。

宜野湾市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、宜野湾市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

弁護士による離婚相談

市役所で開催される弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

相談日時・会場:お問い合わせください。

問合せ先:市民生活課

電話:098-893-4411(内線:438)

女性相談

女性相談員による相談です。夫婦、家族、子育て、離婚、DV、セクハラ、パワパラ、モラハラなどについて相談が可能です。詳細はご確認下さい。

受付日時:平日(10時~17時)

問合せ先:めぶき相談室

電話:098-896-1215

人権相談

人権擁護委員による相談です。親子、夫婦間のトラブルなど人権問題に関する相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:お問合せ下さい。

会場:お問合せ下さい。

問合せ先:

電話:098-893-4411

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。

『家』探しは離婚前or離婚後?

住む家を決めるのは離婚する大きな障害となります。

そんな障害を越えるためにぜい読んで欲しいのが……

引っ越ししたくない方は『リースバックなら売った家にそのまま住める』で公開中!?

家をお探しの方は『離婚で後悔しないための家探し』で公開中!?

賃貸物件をお探しの方は『賃貸物件の探し方と上手な借り方』で公開中!?

離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:市民課(戸籍係)

電話:098-893-4411(内線:103・106)

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

借金が理由で離婚の危機に……

家族の借金、家族に内緒の借金が原因で離婚の危機に直面している方へ……。

心配無用!正しい手順さえ踏めば、借金は解決できます。

借金は意外と簡単に解決できる』でご覧ください。

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:市民課(年金係)

電話:098-893-4411(内線:114・116・117)

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

年金の手続きや相談は、コザ年金事務所までお問い合わせください。

所在地:沖縄市胡屋2-2-52

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:098-933-2267

経済的な不安があって離婚に踏み切れない方へ。

本気で仕事を探したい方は『離婚したい女性の仕事の探し方

安定した仕事に就きたい方は『本気で離婚したい人に必須の資格』をご覧ください。

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:国民健康保険課(給付係)

電話:098-893-4411(内線:137~140・158・273・289)

宜野湾市のひとり親家庭の支援

◯児童家庭課

・児童扶養手当
・特別児童扶養手当
・母子及び父子家庭等医療費助成(内線:572・573・342)
・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金(内線:287)※母子自立支援員までお問い合わせください。

電話:098-893-4411(内線:179~182・283~285)

宜野湾市役所※相談の日時や予約の確認は、宜野湾市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:宜野湾市野嵩1-1-1

代表:098-893-4411

相手の行動に違和感を感じたら…

あなたの直感当たっているかも…

『浮気・不倫のあやしい行動チェック!不貞の証拠は普段の行動にヒントあり!』

で浮気の行動パターンをチェックください。

宜野湾市の離婚事情

宜野湾市の離婚件数の推移です。

平成元年:156組
平成5年:186組
平成10年:266組
平成15年:271組
平成20年:241組
平成25年:276組
平成26年:248組
平成27年:288組

次に母子家庭世帯の推移です。

平成12年:991世帯
平成17年:1115世帯
平成22年:954世帯

離婚エピソード:『すんなり離婚できたのに、養育費問題』

私の離婚は一言で言うと「産後離婚」です。
子供が産まれてもまともに働いてくれず、仕事が決まっては一年経たずに辞めてしまう人で、子供の面倒も全く見ず、自分の趣味にお金を使い、いつまでも自分が大切な人だったので離婚を決めました。
離婚前から公正証書の作成を弁護士さんに依頼し始めていたのですが、子供の保育園の関係上、早く籍を分けてしまいたかったので、離婚届を早めに提出し、それから公正証書の感性という流れになっていました。

公正証書は
・養育費は月3万円
・面会は年2回

と、簡単なものにしました。

養育費は子供1人に対しての平均だそうです。

面会交流が少ない理由は、離婚後元夫は地方に引っ越したので毎月来れないという理由です。回数は元夫が決めました。

以上の内容で作成してもらい、原本を送ってもらいました。

そして原本が届いたとき、元夫から怒りの電話がかかってきたのです。とても怒っていて何を話しているのか最初は分かりませんでした。しかし、よく聞いてみたら本当に腹立たしい意見でした。

まず、養育費が発生した場合、公正証書には以下のことが書き加えられます。
・もしも子供が怪我などをして出費が発生した場合は、父親と母親が話し合い、父親が母親にお金を支払う
・子供の進学など、大きな出費があるときは母親は父親に相談しお金をもらうことが出来る

このようなことです。
しかし元夫は
「どうして俺がお金を払わなきゃいけないんだ?」と怒っていました。
「子供を育ててるのは私だからもしもの時にあなたはお金を振り込む側でしょう?」と言うと
「こっちにも生活があるからそんなお金払えない」と言われました。

養育費が発生するときに書いておく典型的なものに対して怒っていました。
仮にも愛する子供の「もしも」の話であることを忘れて自分の出費ばかり気にしている元夫に怒りを覚えました。

「そんなにお金が払いたくないのであれば養育費も結構ですよ?それならもう二度と会わなくて済みますので私的にはラッキーです。」と言いました。

結局元夫は自分が払いたくないお金の部分だけ読んで何度も何度も「これはおかしい」と電話をかけてきたので、私も面倒臭くなってしまい、「田舎の弁護士さんにでも話を聞いてください、そちらに不利益なことは書いていません」と伝え連絡は取っていません。

~最後に~

お子さんがいるお母さん
相手に不貞な理由が無くても離婚はできるし、愛する子供を取られることはありません。
子供から父親を奪ってしまうと思っているお母さん
それよりも、こんな大人にはなってほしくないと思う人が父親だった時の方が子供が可哀想です。

私の体験談が少しでも役に立てたらいいなと思います。