離婚時にはたくさんの取り決めや手続きがあります。

例えば、親権、養育費、慰謝料、財産分与と言った取り決めを行う必要があります。

ただし法的ことが関わってくるので、簡単に判断できなこともたくさんありません。そこで相談したいのが離婚問題に詳しい専門家です。専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで浦添市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。

いつかそのうち……ではなにも変わりません。

私が後悔しない離婚ができたのは簡単な一歩を踏み出したから。

離婚を本気考えている方は……

離婚の悩みは無料相談で解決』をご覧ください。

浦添市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、浦添市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

弁護士による離婚相談

市役所で開催される弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

相談日時:週1回程度

会場:市民相談・消費生活相談室(市役所内)

問合せ先:市民生活課

電話:098-876-1234(内線:3011、3012)

女性相談

離婚、DV、夫婦、家族、親子などの問題について相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:平日(9時~12時、13時~17時)

問合せ先:女性相談室

電話:098-874-0874

人権相談

人権擁護委員による相談です。親子、夫婦間のトラブルなど人権問題に関する相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:月1回程度

会場:市民相談室

問合せ先:市民生活課

電話:098-876-1234(内線:3011)

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。

『家』探しは離婚前or離婚後?

住む家を決めるのは離婚する大きな障害となります。

そんな障害を越えるためにぜい読んで欲しいのが……

引っ越ししたくない方は『リースバックなら売った家にそのまま住める』で公開中!?

家をお探しの方は『離婚で後悔しないための家探し』で公開中!?

賃貸物件をお探しの方は『賃貸物件の探し方と上手な借り方』で公開中!?

離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:市民課

電話:098-876-1234(内線:3063・3064)

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

借金が理由で離婚の危機に……

家族の借金、家族に内緒の借金が原因で離婚の危機に直面している方へ……。

心配無用!正しい手順さえ踏めば、借金は解決できます。

借金は意外と簡単に解決できる』でご覧ください。

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:市民課(国民年金係)

電話:098-876-1234(内線:3111~6)

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

年金の手続きや相談は、浦添年金事務所までお問い合わせください。

所在地:浦添市内間3-3-25

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:098-877-0343

経済的な不安があって離婚に踏み切れない方へ。

本気で仕事を探したい方は『離婚したい女性の仕事の探し方

安定した仕事に就きたい方は『本気で離婚したい人に必須の資格』をご覧ください。

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:国民健康保険課

電話:098-876-1234(庶務係:3711)、(給付係:3713~5、3726)

浦添市のひとり親家庭の支援

◯こども家庭課

・児童扶養手当
・特別児童扶養手当
・母子及び父子家庭等医療費助成
・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金
・母子父子寡婦福祉資金貸付

電話:098-876-1234(児童係:3611、3617、母子父子係:3612、相談室:7326)

浦添市役所※相談の日時や予約の確認は、浦添市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:浦添市安波茶1-1-1

代表:098-876-1234

相手の行動に違和感を感じたら…

あなたの直感当たっているかも…

『浮気・不倫のあやしい行動チェック!不貞の証拠は普段の行動にヒントあり!』

で浮気の行動パターンをチェックください。

浦添市の離婚事情

浦添市の離婚件数の推移です。

平成元年:197組
平成5年:233組
平成10年:306組
平成15年:300組
平成20年:353組
平成25年:281組
平成26年:283組
平成27年:282組

次に母子家庭世帯の推移です。

平成12年:1250世帯
平成17年:1266世帯
平成22年:1238世帯

離婚エピソード:『我慢の人生を送らず離婚という選択

私は子供が2歳の時に離婚をしました。

結婚式をあげる前から少し頼りなかったり、女性にだらしなかったりしましたが、まだ自分も21歳で若かったのもあり、結婚をすればこの人は変わるだろうと信じてそのまま進みました。

そんな感情のままだったため、マリッジブルーもあり、楽しい新婚生活というわけでもありませんでした。

当時の夫がもともとパチンコや麻雀好きで、一時期はやめていましたが私が妊娠をしてからまた始まりました。仕事が終わってからのパチンコ、家に居ると嘘をついて麻雀をしに行き、時には別の女性を連れて遊びに出ていました。

私自身頭に来て、相手の女性とも話をさせてほしいと夫に詰め寄りましたが、「男女関係などなかった、ただ遊んでただけ。」 と、謝ることもなく相手の女性をかばう事もあり、ますます不信感が募って行きました。

そんな中でも、赤ちゃんが産まれれば変わるかも知れないと信じて生活を続けました。

ところが出産後、良くなるどころかますます家には帰らず、パチンコのお金を兄弟や友人から借金し、本業とは別にアルバイトをし出してそのお金で返済をしていく始末。

子供の事を思うとこのままではだめだと思いました。世の中には、生活の為や子供のために離婚はしないという方もおられますが、私はどんな形であろうと、子供が幸せならば、自分が笑顔で居られるならと離婚を決意しました。自分や相手の家族から止められ説得もされましたが、意思は固く、私はもう別の未来を見ていました。

親権はもちろん私の方になりました。離婚後はしばらくして、子供に会わせろと言って来ましたが、養育費も払う意志がないのに勝手だと思い、会いたければ調停でも開いてはと伝えました。

その後調停となり、面会を承諾しなくてはならなくなりましたが、相手も養育費を支払うよう言われていました。

離婚後はとても心が軽くなり、子供とも明るく楽しく過ごせました。父親が居なくて寂しいと言うこともありません。

母子家庭でもちろん大変なことは多々ありましたが、子供との幸せな生活があったからこそ頑張って乗り越えられました。後悔もなく、我慢をしてあのまま結婚生活を続けていた方が良くなかったと思います。