離婚時にはたくさんの取り決めや手続きがあります。

例えば、親権、養育費、慰謝料、財産分与と言った取り決めを行う必要があります。

ただし法的ことが関わってくるので、簡単に判断できなこともたくさんありません。そこで相談したいのが離婚問題に詳しい専門家です。専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで那覇市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。




那覇市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、那覇市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

弁護士による離婚相談

市役所で開催される弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

相談日時:平日開催

予約受付:平日:8時30分~17時15分

問合せ先:市民生活安全課

電話:098-862-9955

女性相談

女性相談員による相談です。離婚、DV、借金問題などについて相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:平日開催(9時~16時)

問合せ先:保護管理課福祉相談室

電話:098-867-0111(内線:2456・2457)

人権擁護相談

人権擁護委員による相談です。人権問題に関する相談が可能です。詳細は予約時にご確認下さい。

相談日時:月1回程度

予約受付:平日:8時30分~17時15分

問合せ先:市民生活安全課

電話:098-862-9955

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。



離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:ハイサイ市民課

電話:098-862-3274

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。




離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:ハイサイ市民課(国民年金グループ)

電話:098-861-6901

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

年金の手続きや相談は、那覇年金事務所までお問い合わせください。

所在地:那覇市壺川2-3-9

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:098-855-1111

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:国民健康保険課

電話:098-862-4262

那覇市のひとり親家庭の支援

◯子育て応援課

・児童扶養手当(児童扶養手当担当)
・特別児童扶養手当(児童家庭グループ)
・母子および父子家庭等医療費助成
・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金

電話:098-861-6951

那覇市役所※相談の日時や予約の確認は、那覇市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:曜日・部署により異なる場合があります。

一般窓口:平日:8時30分~12時、13時~17時15分

ハイサイ市民課窓口(住民票、戸籍証明など):8時30分~18時

所在地:那覇市泉崎1-1-1

代表:098-867-0111




那覇市の離婚事情

那覇市の離婚件数の推移です。

平成元年:661組
平成5年:681組
平成10年:751組
平成15年:778組
平成20年:741組
平成25年:789組
平成26年:781組
平成27年:744組

次に母子家庭世帯の推移です。

平成12年:3482世帯
平成17年:3631世帯
平成22年:2991世帯

離婚エピソード:『離婚と仕返し』

相手の不貞行為により、離婚に至った経緯をお話します。

当時私達夫婦は結婚3年目で、恋人同士のような雰囲気はもうなく友人同士のような関係になっていました。

そんなある日、突然当時の旦那から、離婚したいと言われたのです。
私は青天の霹靂。
彼の離婚理由は意味不明、曖昧なものでした。
このまま一緒にいても子供ができなそうだとか、一旦離れたいだとか、、、。

もちろん納得のいかない私でしたが、彼はもう離婚したいとの一点張り。

私は戸惑いつつも、どうしようかと姉に相談しました。

そして姉が言った一言。

「浮気してるとかじゃないの?」

彼を疑うことを考えたこともなかったので、まさかそれは、、、と思いましたが、私は彼の携帯を盗み見することにしました。

すると、出るわ出るわ、、、浮気の証拠のオンパレードです。

あぁ、だから離婚したかったのか。

離婚理由をはっきり私に言えなかった理由がわかりました。

そこからの私は、こっそり浮気の証拠を集める毎日。

写真やメールも全て自分の携帯へ保存。

相手の情報も保存。

数ヶ月かかりました。

その間、浮気している彼と、それを知らないふりをしている私。
この間通常通りに生活することが、一番辛かったです。
人生で一番辛い苦い経験かもしれません。

浮気から帰ってきた彼の下着を洗濯する時、嫌悪感で吐きそうになりました。

しかし、私にはやるべきことがあり、この辛い数ヶ月を乗り越えなければいけませんでした。

姉の紹介してくれた弁護士さんに相談しつつ、不貞行為の証拠がある程度集まったところで、ある日突然私は家を出ました。

離婚届を置いて、何も言わず。

何の前触れもなく家を出た私に、彼はかなり驚いたようでした。
そして、自分が離婚したいと言ったことは取り消させてほしい、やっぱり私がいない生活は考えられないと、私を連れ戻そうとしました。

バカな男だと思いました。
浮気がバレてるとも知らずに。

私は彼に、浮気してるか?と聞きましたが、決して本当の事を言いませんでした。

そして私は、彼の浮気相手に、メールをしました。
浮気相手と彼の裸の恥ずかしい写真を。。。

私に返信はありませんでしたが、彼のほうには彼女から怒りのメールがあったようです。

結局彼は浮気を認め、私は慰謝料をもらい離婚しました。
彼からしか慰謝料を貰いませんでしたが、今思えば、浮気の彼女からも少しは慰謝料をもらっても良かったかもしれません。

ただ、彼女にはだいぶ精神的ダメージを与えられたとは思いますけどね。。。
浮気相手の奥さんが、自分の恥ずかしい写真を持ってたんですから。。。

これが私の復讐です。