『四日市市』の離婚相談

離婚するかしないか・・・簡単に結論を出すことができないのが離婚です。

そんなときに、親権、養育費、慰謝料、財産分与などの悩みごとを離婚問題に詳しい専門家に相談をすることで、正しい離婚を選択をすることができるかもしれません。

また悩みに悩んで離婚した後、あなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで四日市市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。

四日市市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、四日市市内で開催されている無料相談です。

弁護士による法律相談

市役所開催の弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かお問合せ下さい。

相談日時:週1回程度

会場:市民相談コーナー(市役所内)

問合せ先:市民・消費生活相談室

予約電話:059-354-8153

公証相談

公証人による相談です。詳細は予約時にお問合せ下さい。

相談日時:月1回程度

会場:市民相談コーナー(市役所内)

問合せ先:市民・消費生活相談室

予約電話:059-354-8153

女性のための相談

婦人相談員による電話相談です。夫婦、家族、DVなどの相談が可能です。詳細はお問合せ下さい。

相談日時:火~土曜日(9時~16時)、水(18時30分~20時30分)

相談専用:059-354-8335

問合せ先:男女共同参画センター

電話:059-354-8331

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。

  • あなたのまちの離婚相談“オススメコンテンツ”
  • 借金の悩み

離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:市民課

電話:059-354-8152

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:保険年金課

電話:059-354-8158

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

四日市年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:四日市市十七軒町17-23

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:059-353-5515

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:保険年金課

電話:059-354-8158

四日市市のひとり親家庭の支援

◯こども保健福祉課(給付係)

・児童扶養手当
・特別児童扶養手当
・一人親家庭等医療費助成

電話:059-354-8083

◯家庭児童相談室

・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金
・ひとり親家庭等日常生活支援事業
・母子父子寡婦福祉資金貸付相談

電話:059-354-8276

四日市市役所※相談の日時や予約の確認は、四日市市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:四日市市諏訪町1-5

代表:059-354-8104

四日市市の離婚事情

四日市市の離婚件数の推移です。

平成元年:314組
平成5年:476組
平成10年:581組
平成15年:677組
平成20年:594組
平成25年:593組
平成26年:548組
平成27年:558組

次に母子家庭世帯の推移です。

平成12年:1471世帯
平成17年:1745世帯
平成22年:1583世帯

離婚エピソード:『離婚を経験したことをお話しいたします。』

私は3年前に離婚しました。離婚の理由は旦那さんの浮気です。

旦那さんはもう5年位前から会社の社員の方と浮気をしていました。なんとなく浮気をしてるんじゃないかなぁって思って。いました夜遅いのは普通だったんですが、朝帰りが頻繁になっていたんです。

それに私との会話を拒むようになりました。私はこれは浮気じゃないかなぁって思ったんです女の勘ですね。ぴんときました。

やっぱやはり案の定浮気をしていました私は旦那さんに問いただしましたが旦那さんは何にもしゃべれたがりません。ただひたすらぼーっとして一点を見つめているだけでした。

どこか違うところ向いて何もなかったようにしておりますが、私たち夫婦はもう数年前からおかしい感じでした。私は主人は、浮気をしてるんじゃないかなぁっていうのはかなり前から気づいてました。

まず夫婦の会話もなければ旦那さんが私と話すらしたがらないのです。以前だったら帰ってきて子供の寝顔を見ることが日課だったのですがそれが全くしなくなりましたしなくなったと言うより帰りがほんとに遅くなったんですしかも朝帰りもずっと続いていて、実は探偵に頼もうかなぁと思ったんです。

でもそんな余裕もなかったので、私は離婚することを決心しました。旦那さんは私が離婚するなんて思ってもみなかったと思います。いつも寄り添っていましたが、私にもやはり限界が来ます。

子育てと仕事と家事の両立ででもう頭がパンクしそうでした。それに浮気と来てますので、もうどうすることもできないなぁ修復できないなぁと思っていました。

そして私たちは離婚することにしました。養育費や生活費は1カ月30万円ほどいただいてます。私が約10万円ほですので今は、何とかやりくりはできてはいますが、子供が大きくなったらまたお金がかかるのでその時はまた出していただくつもりではいます。

その都度話し合いが大切になるなると思いますので私たちは、月に1回だけ会うことを約束しました子供も月1回だけ合わせるって言う約束でしています。

円満解決ではありませんがこれが私達が良かったと思える離婚だったのではないでしょうか。