『津市』の離婚相談

離婚するかしないか・・・簡単に結論を出すことができないのが離婚です。

そんなときに、親権、養育費、慰謝料、財産分与などの悩みごとを離婚問題に詳しい専門家に相談をすることで、正しい離婚を選択をすることができるかもしれません。

また悩みに悩んで離婚した後、あなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで津市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。

津市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、津市内で開催されている無料相談です。

男女共同参画室の無料相談

男女共同参画室の無料相談です。夫婦関係、親子関係などの相談が可能です。

◯女性カウンセラー

相談日時:週4回程度

相談専用:059-229-3120

◯弁護士

相談日時:広報津をご確認下さい。

問合せ先:男女共同参画室

電話:059-229-3103

女性の悩み事相談

婦人相談員による相談です。夫婦関係、家庭内の問題、離婚などの相談が可能です。詳細はお問合せ下さい。

相談日時:平日

問合せ先:こども支援課

電話:059-229-3400

人権相談

人権擁護委員による相談です。親子、夫婦間のトラブル、離婚などの相談が可能です。詳細はお問合せ下さい。

相談日時:平日

問合せ先:津地方法務局人権擁護課

電話:059-228-4193

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。




離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:市民課

電話:059-229-3143

総合支所(久居、河芸、芸濃、美里、安濃、香良洲、一志、白山、美杉)の市民福祉課(市民課)にも問合せできます。

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

  • あなたのまちの離婚相談“オススメコンテンツ”
  • 借金の悩み

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:保険医療助成課

電話:059-229-3159

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

津年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:津市桜橋3-446-33

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:059-228-9112

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:保険医療助成課

電話:059-229-3159

手続きは、保険医療助成課、各総合支所の市民福祉課(市民課)、各出張所(アストプラザオフィス、久居駅前出張所を除く)となります。

津市のひとり親家庭の支援

◯こども支援課

・児童扶養手当

・自立支援教育訓練給付金事業
・高等職業訓練促進給付金等事業

電話:059-229-3155

◯保険医療助成課(福祉医療費担当)

・一人親家庭等医療費助成

電話:059-229-3158

◯障がい福祉課

・特別児童扶養手当

電話:059-229-3157

津市役所※相談の日時や予約の確認は、津市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:津市西丸之内23-1

各課の電話はこちらからどうぞ。

津市の離婚事情

津市の離婚件数の推移です。

平成元年:302組
平成5年:398組
平成10年:472組
平成15年:562組
平成20年:503組
平成25年:468組
平成26年:461組
平成27年:470組

次に母子家庭世帯の推移です。

平成12年:1172世帯
平成17年:1485世帯
平成22年:1459世帯

離婚エピソード:『離婚して14年経過でも判断は正しかった』

私の初婚年齢は38でした。相手は福島市在住の当時43才の男性でした。仕事は自動車学校の送迎バスの運転手でした。

結婚は親と同居が条件で了承を出しましたが、まさかこんな人だったとはと驚きました。結婚式が終わり新婚旅行へと旅立ちましたが、舅姑から出席して下さった方々から戴いた祝儀の一部を有り難く戴き私達は2泊3日の旅行へでかけました。

元夫は飽きっぽい性格でしたから、観光し終えた最後の日はパチンコに行くと言い出しました。旅先でパチンコなんて、まして戴いた祝金でやるなんて不謹慎だと止めましたが逆に怒鳴られました。

自宅に戻り舅姑に旅先での話を聞かれ何を話していいかわからなかったのでとりあえず行った場所の話をしました。

そして暫く経ったある日の朝、当時はモーニング娘が流行っていてテレビを見てた元夫の口から『○ちゃん可愛い』と出た時私は顔が青ざめました。

当時43才の男が当時13才の女の子を見て言ったのでロリコンだと思い、直ぐ様私の頭に離婚の2文字が過りました。

そして春のある日、姑から箪笥から何からマンガの本を束ねて片付けなさいと言われた私は片付けを始めました。するとスーツの入った長方形の箱が沢山見つかり開けてみました。

私は目を疑いました。中から使用済みの女性の下着が出てきましたが処分していいかわからず、姑を呼びましたが舅姑と私の間だけの内緒話と言うことになりましたが元夫にばれて大喧嘩になり元夫は暴力を振るう様になりました。

そういう事もあり私は仕事を探し働く事にしましたが、元夫は理由を聞くばかりで終いには『あんたは化粧映えするから働きに出て欲しくない』と言い出しました。

それから暫くして元夫は浮気し借金して迄その女性と頻繁に会う様になり離婚を切り出され私はあのテレビを見ての発言もあり、すぐに了承しました。

その日から家庭内別居に発展しましたが元夫はすぐにでも出ていって欲しいが如く調停を申込みました。路頭に迷った私はとにかく仕事と住む場所をと思い行動し始めました。

仕事は決まったものの専業主婦の私は資金が全くありませんでしたから住まいを探すのに慰謝料ではありませんが少し金銭面の支援をお願いしましたが元夫は出さないの一点張りでした。

調停に出席し話をし金額を提示し50万に決まりました。調停員の方に理由を私の借金癖による離婚と言われました。確かに借金はありましたが借金癖というのはなかった事を話し、元夫の嘘を理解して戴けて有り難かったです。

死をも考えた事ありましたが、それよりもこの離婚で戸籍を汚してしまった事で亡くなった私の両親の顔に泥を塗ってしまった事が一番辛かったです。

しかしながらこの離婚は私の命を救ってくれたと思っており私の判断にミスなかったと堂々と胸を張って言えます