離婚の理由と原因 夫の子どもに対する意識の低さと身勝手な行動。
子どもの有無 1人
アドバイス 離活で学んだあとに、離婚協議をはじめる。この順番が重要です。

いつかそのうち……ではなにも変わりません。

私が後悔しない離婚ができたのは簡単な一歩を踏み出したから。

離婚を本気考えている方は……

離婚の悩みは無料相談で解決』をご覧ください。

養育費の不払い、そもそも養育費は貰っていない……

養育費の悩みを抱えている方は……

養育費を立替えて貰って悩み解決』をご覧ください。

離婚を決意して行動したこと

私が離婚を決心した理由は、夫の子育てに対する姿勢と親としての自覚の欠如を痛感したことです。

子供が生まれてからは180度人格が変わるかのような態度と自宅にも帰って来ず、子育ては私だけが行う状況になっていました。

さすがにこんな人とはこれから結婚生活を続けていくことは不可能に近いと判断し、離婚を決意しました。

離婚する、離婚したい気持ちに先立ち、私は様々な情報をインターネットで調べ、市の無料弁護士相談窓口に予約しました。

弁護士の先生には「離婚にあたり有利になること不利になること」、また「養育費や親権の問題」をどのように話をすすめればよいかなど、アドバイスをいただきました。

借金が理由で離婚の危機に……

家族の借金、家族に内緒の借金が原因で離婚の危機に直面している方へ……。

心配無用!正しい手順さえ踏めば、借金は解決できます。

家族に内緒の借金!簡単解決方法』でご覧ください。

親権についてさらに調査

また離婚にあたり弁護士に依頼すると費用もかさむため、私は家庭裁判所に問い合わせして、離婚調停の申請の仕方なども聞きました。

そして親権については、「長い時間を共にするであろう、まだ小さい子供がいる場合は親権を取得するのは母親になることがほとんどである」いうことでした。子供はまだ1歳なので、条件はほぼクリアしていました。

また養育費については、誰でもできるだけ多くの養育費を希望しますがが、金額に折り合いがつかないで折れない場合は離婚自体が長引いてしまうことも多いようです。

そのため養育費は、無茶な金額を望まずに妥当とされる金額がベストのため、夫の年収に見合う養育費を調べておきました。

離婚前に仕事をはじめる

やはり女手で子供を育てていくには、経済的な不安がない訳ではありません。そのため私は離婚が成立していないうちに、フルタイムで働く場所を探してました。そして保育所に申請を出して、子供を保育所へ預けて働き出しました。

運良く見つかった就職先で、まずは3カ月間働いてみて仕事が自分にできるものかをしっかりと働く中で確認していきました。大変なことも多く、でも自分の人生をしっかりと子供と共に生きることを思えば、難があろうと頑張れる自分がいることも確認できました。

相手の行動に違和感を感じたら…

あなたの直感当たっているかも…

『浮気・不倫のあやしい行動チェック!不貞の証拠は普段の行動にヒントあり!』

で浮気の行動パターンをチェックください。

離婚調停を申請

給与を頂き、自分と子供の2人でなんとか生活できることもわかってきた頃に、私は事前に調べていた通り、離婚調停を申請しました。

相手がなかなか離婚を認めなかったため、6回も離婚調停を行いました。調停の最中、夫は離婚を拒みましたが、やっと離婚することができました。

相手は「家に帰らず、子育てにも非協力的、その状況の中で結婚生活を続けていく意志が本当にあるのか」を問われていたようで、どうも本人は口先ばかりだったため、調停委員の方たちへの心象もあまりよくなく、最終的には私の思う通りになりました。

離活のすすめ

今、離婚を考えている方は、まずは自分で稼げる仕事を見つけてから離婚を切り出すことがポイントだと思います。仕事なくして離婚は、経済的不安を抱えたままで離婚協議を行うことになってしまいます。

これでは自分の要望や主張を通すことが難しくなってしまいます。例えば相手に「どうやって子どもを食べさせていくんだ?」と聞かれた時に、「私が働いたお金です」と自信を持って言えることはとても大切だと思います。

まずは離婚後に自立できる環境を整えてから離婚協議に臨むことで、離婚後の良い条件も勝ち取れるのではないでしょうか。

経済的な不安があって離婚に踏み切れない方へ。

本気で仕事を探したい方は『離婚したい女性の仕事の探し方

安定した仕事に就きたい方は『本気で離婚したい人に必須の資格』をご覧ください。