離婚を考えている、離婚することに同意を得れた、すでに離婚して新しい生活を始めようとしている。

それぞれ現時点での状況は違うとはいえ、共通して言えることは『これからはあなた一人で生計を立てていく必要がある』ということです。

今までは旦那さんの給与で生活をしてきましたが、離婚後はそうはいきません。

実家に帰る人もいるかもしれませんが、何もかもを親に甘えるわけにもいかないでしょう。

パートに出て共働きで生活していた家庭だとしても、パート代のみで今後の生活ができるかどうかを考える必要性もあります。

離婚をする上で必ず向き合わないといけないのが離婚後の経済力です。
つまり、就職活動が待っています。

離婚後の就職に向け、どのような準備が必要なのか?また今の時代に求められている就職に有利なスキルは何なのか?についてまとめています。

満足度95%以上の1日完結の講義形式でスキルを習得!?

パソコンスクールのビットラボラトリ

離婚後の就職に有利なのがパソコンスキル

結論からいって、今すぐにパソコンスキルを身につけましょう。

パソコンの知識があるか?ないか?だけで仕事探しの幅はグッと広がるだけではなく、給料にも影響してきます。

試しにネットでもいいですし、最寄りのハローワークへ足を運び仕事を探してみてください。

もちろん業種にもよりますが、仕事内容の項目には「エクセル、ワード、パワポのスキル」といったようにパソコンスキルを求めている企業は多いです。

とくに離婚後の主婦に人気の職業の一つに、事務や経理のお仕事があります。事務職に関しては必ずといってもいいほど、企業側がパソコンスキルを求めています。

「お給料もいいし事務関係の仕事がしたいけど・・・」と思う人は多いですが、パソコンスキルがない場合はスタート地点にすら立てません。

パソコンスキルがないとどんな仕事が残る?

もし、パソコンスキルがない主婦である場合だとどのような仕事が残るでしょうか。
イメージができるとは思いますが、飲食店の接客業だったりスーパーの販売店員などが中心となってきます。

あなたが住んでいる地域にもよりますが、パソコンが使えないというだけで今は選べる仕事が少ないという現実を知っておくほうがいいかもしれません。

また飲食店や販売店だと時給も決して高いとは言えず、もしお子さんがいての離婚であった場合だと正直、収入面では苦労することは容易に想像もできます。

しかしパソコンスキルがあると働ける職場も増えます。

選べる職場が増えることはそれだけあなたの希望に近い条件の仕事を見つけやすいということになるでしょう。

パソコンスキルはどの程度のレベルが必要なのか?

パソコンスキルと一言でいっても曖昧な表現だと感じる人は多いと思います。

「文字がうてればいいのか?」「エクセルで足し算などの計算ができればいいのか?」

エクセル、ワード、パワポのようないわゆるオフィス系のソフトで可能な業務は非常に幅広いです。
逆をいえばエクセルを完璧に使いこなせると自信をもって言える人も少ないでしょう。

どの程度のパソコンスキルが求められているのか?これは各採用企業によって異なります。

各ソフトで最低限もっておきたいスキル

〇エクセル

エクセルはどの企業であっても使用頻度が多く、表計算ソフトにあたります。

表の作成をはじめ、データ入力をし計算ができ各データーの集計をとれるレベルは最低限ほしいところでしょう。

また、エクセル関数の知識があると採用企業の幅は広くなると考えられます。

〇ワード

ワードは文書作成に使用されるソフトであり、各会社の企画書作成に利用するのが一般的です。

ワードスキルを取得するのはそれほど難しくはなく、文章入力がパソコンで可能であれば問題はありません。

画像、背景の差し込みなど文章作成の他にもワードでできる作業が可能であればスキルとしては十分だと言えます。

〇パワーポイント

パワーポイントのスキルが必要かどうかは企業によります。

事務、経理関係のお仕事でパワーポイントのスキルを求めてくる企業は少ないでしょう。

主にプレゼンなどを行う場合の資料作成に使用するソフトでるため、パワーポイントのスキルの前にプレゼンの勉強が必要になってきます。

もちろんスキルとしてもっておくと大きな武器になるでしょう。

求められるパソコンスキルは各企業で異なる

このように各企業によって求められるパソコンスキルが異なります。

例えば、あなたのイメージにマッチした職場の仕事内容が『各種データ入力』『スケジュール管理、調整』『エクセルにての表計算』などであれば求められるスキルはエクセルですよね。

パソコンスキルが必要とはいえ、上記のような仕事内容を求められる場合や事務職ではパワーポイントの知識はまずは必要ないわけです。もちろん合ったほうがいいですが。

離婚前、離婚後であったとしてもある程度どのような職種で働くかを考えておきどのようなスキルがあれば採用されるか?と事前に確認しておくようにしましょう。

そして求められるスキルをまずは取得することで、最短で就職が可能になってきます。

自分に必要なだけのパソコンスキルを取得できるの?

仮エクセルの表作成、簡単な関数を使用した計算式のような基礎的な知識だけあれば面接の際に有利になりそうな仕事があったとしましょう。

このような場合だと、特定の条件付きの書式入力であったりテーブル作成などの難しいスキルは必要ありません。

自分にとって必要なソフトの必要なスキルだけを学ぶことができればありがたい。と思いませんか?

・・・思いますよね、大丈夫です。

パソコンスクール【ビットラボラトリ】であればそれが可能です。

あなたが知識として得たい分野だけを学ぶことができ無駄なくスキルアップできます。

パソコンスクール【ビットラボラトリ】の特徴

ビットラボラトリでは、エクセルをはじめワード、パワーポイントのオフィス計ソフトだけではなくマクロ(VBA)、HTML、CSSのようなホームページ作成に必要なスキルを受講することもできます。

様々な項目から、あなたが必要なスキルだけを選びましょう。

エクセルだけでも「基礎」「応用編」「関数」「分析」といったように細かく分けられていますので文字通り希望のスキルだけ習得可能。

1つの講座に対しての受講料になりますので、無駄な料金を支払う必要もないので安心です。

何よりビットラボラトリのメリットなのが1日完結講座が多数用意されていることです。
既に離婚後の人なんかだと「ダラダラとパソコンの勉強をしている暇なんてない!」と思うかもしれません。

ビットラボラトリでは、このように最短でパソコンスキルを身につけたい人にもマッチするパソコンスクールなんです。

受講日も選べるのでスケジュール調整も簡単

あなたが希望する講座を選び、予定が合う日程を選択するだけでビットラボラトリを受講することができます。
人気の講座であれば数週間先であっても受付終了しているケースも珍しくありません。

早め早めに日程調整をして予約をすることが望ましいでしょう。

ビットラボラトリでは、入会金などの費用は発生しません。

あくまでも受講する講座の料金のみを支払う料金体系になっていますので、その点も離婚後の主婦にはありがたいことではないでしょうか。

満足度95%以上の1日完結の講義形式でスキルを習得!?

パソコンスクールのビットラボラトリ

離婚後のパソコンスキルの必要性まとめ

離婚するだけでも大変ですが、その後の生活をどうするのかを考えることも大事です。生活をするうえで就職することは避けては通れない道でしょう。

今ではほとんどの企業がパソコンなしでは業務ができないほど。

パソコンの普及が著しいこともあり、就職に有利なスキルで上位にくるのがパソコンスキルです。

男性であれば力仕事だったり、大型免許取得などあれば選ぶ仕事も増えるかもしれません。

しかし女性がまず頭に思い浮かぶデスクワークの職種は、パソコンスキルが必須といっても過言ではありません。

パソコンを使えない人、パソコンを使いこなせる人であればどちらを企業は採用するでしょうか。

今全く知識のない人でも、ビットラボラトリで必要な講座を受講するだけで就職の幅が広がり採用されやすくなります。

無料カウンセリングも受け付けていますので、気軽に相談しパソコンスキルを得て離婚後の就職を有利にして下さい。