『日向市』の離婚相談

離婚時にはたくさんの取り決めや手続きがあります。

例えば、親権、養育費、慰謝料、財産分与と言った取り決めを行う必要があります。

ただし法的ことが関わってくるので、簡単に判断できなこともたくさんありません。そこで相談したいのが離婚問題に詳しい専門家です。専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで日向市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。

日向市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、日向市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

弁護士による離婚相談

市役所で開催される弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

相談日時:月1回程度

問合せ先:市民課(市民相談係)

電話:0982-52-2111(内線:2131)

女性のための女性による相談室

女性相談員による夫婦、親子、離婚、DVなどの相談が可能です。面談相談は予約制です。詳細はご確認下さい。

相談日時:週4回(月・火・木・金曜日:13時~16時)

相談専用:0982-55-1660

会場:日向市男女共同参画社会づくり推進ルーム
「さんぴあ」相談室

人権相談

人権擁護委員による相談です。親子、夫婦間のトラブルなど人権問題に関する相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時・会場:お問合せ下さい。

問合せ先:市民課(市民相談係)

電話:0982-52-2111(内線:2139)

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。

  • あなたのまちの離婚相談“オススメコンテンツ”
  • 借金の悩み

離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:市民課市民窓口係(戸籍)

代表:0982-52-2111(内線:2127)

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:市民課(国民年金係)

代表:0982-52-2111(内線:2128)

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

延岡年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:延岡市大貫町1-2978-2

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:0982-21-5424

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:国民健康保険課(国民健康保険係)

電話:0982-52-2111(内線:2118)

日向市のひとり親家庭の支援

◯こども課

・児童扶養手当
・母子・父子家庭等医療費助成金給付
・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金

電話:0982-66-1021

日向市役所※相談の日時や予約の確認は、日向市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:日向市本町10-5

代表:0982-52-2111

日向市の離婚事情

日向市の離婚件数の推移です。

平成元年:104組
平成5年:124組
平成10年:144組
平成15年:187組
平成20年:153組
平成25年:159組
平成26年:144組
平成27年:147組

次に母子家庭世帯の推移です。

平成12年:563世帯
平成17年:609世帯
平成22年:582世帯

離婚エピソード:『離婚後に大変だったこと』

離婚の際、各種手続きや裁判など、こんなにも大変なのかと思っていましたが、離婚後もまた苦労が続くとは思ってもいませんでした。

離婚すれば、終わりと思っていましたが、子供がいるため、父親との面会のやりとり、養育費の受け取りなど、まだ元夫と繋がりがあり、すっきりできないでいます。

やはり1人親になるということは、自分だけでなく、子供の生活も背負っていますので、単純に労力が増えます。

何より生活のことを考えると1番に仕事を見つけることが先決でした。それに伴って新しい住居を決めるといった順に、やるべきことを明確に順序だてて1つ1つこなしていくことが新生活確立の近道のように思えます。

毎月決まったお給料が入るということは、生活の安定を意味し、気持ちも比例して安定していきます。大変なのは、やはり子育てしながらの仕事、家事負担です。朝起きてから、寝るまで本当に一息つく時間がないといった毎日です。

子供が病気になったら、大変で、仕事をお休みしなければなりません。そうなるとその休んだ分のしわ寄せが後に自分にかえってくるし、やはり、会社に気を使います。

これが精神的にかなり参ります。会社では、子供のいない方もたくさんおられ、こどもが病気になる度、肩身の狭い思いをします。

毎日こどもと触れ合う時間が少なく、生活の為にいつも忙しくしていて不憫に思うことが多々あります。自分を強くもっていないと、ほんの些細なことで緊張の糸が切れそうで精神的にしんどいです。

同じような環境のお友達を見つける、なるべく両親、友達にたよるということでなんとか自分を保っている気がします。1人ですべて抱え込むのはやはり負担が大きすぎると感じます。話相手だけでも居ると、居ないとではだいぶ精神的に違います。

うまく子育て社会とのつながりも持ちつつ、仕事、家事を適度にこなしていくことが常の課題です。

子供が成人するまで長い道のりですが、自分の決断だったので、前に進むのみです。