『館山市』の離婚相談

離婚時、親権、養育費、慰謝料、財産分与などの取り決め、名字、保険、年金、手当などの手続き行う必要があります。

特に取り決めに関しては、法的なことが関わってくるため、自分一人では簡単に判断できなこともたくさんありません。

そこで活用したいのが、離婚問題に詳しい専門家への相談です。

専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

さらに国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで館山市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談です。

離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。

館山市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、館山市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

女性相談

DVについて相談が可能です。

相談日時・会場:詳細はご確認下さい。

問合せ先:社会福祉課(社会福祉係)

電話:0470-22-3492

館山法律相談センター

相談日時:週1回程度

会場:館山商工会議所

相談費用:20分2000円(税込)

予約受付:平日(10時~11時30分、13時~16時)

予約:043-227-8954

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。

  • あなたのまちの離婚相談“オススメコンテンツ”
  • 借金の悩み

離婚の手続き

石巻市の離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:市民課(戸籍係)

電話:0470-22-3414

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:市民課(高齢者医療年金係)

電話:0470-22-3418

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

年金の手続きや相談は、木更津年金事務所までお問い合わせください。

所在地:木更津市新田3-4-31

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:0438-23-7616

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:市民課(国保係)

電話:0470-22-3428

館山市のひとり親家庭の支援

◯社会福祉課社会福祉係(こども課内)

・児童扶養手当
・ひとり親家庭等医療費等助成制度
・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金

電話:0470-22-3750

◯社会福祉課(障害福祉係)

・特別児童扶養手当

電話:0470-22-3492

館山市役所※相談の日時や予約の確認は、館山市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:館山市北条1145-1

代表:0470-22-3111

館山市の離婚事情

館山市の離婚件数の推移です。

平成元年:76組
平成5年:80組
平成10年:116組
平成15年:100組
平成20年:85組
平成25年:75組
平成26年:79組
平成27年:71組

なお平成28年の千葉県の離婚件数:10,916、離婚率は1.78です。

全国の離婚率は1.80%となります。

離婚エピソード:『春の季節に一人いなくなって』

最近離婚を経験しました。

春の季節にですが、この季節に離婚を経験すると子供の事がいろいろあって気にかかりました。卒業式と入学式、それを前にしての離婚でした。

一人いなくなってしまうとそれらの大事なイベントが本当にさみしくなってしまう。本当は入学式って楽しいのに子供の顔もかなり暗くて、そして周りの皆からは何だか同情の励ましばっかりで本当に楽しめなくなってしまう。

離婚の原因は私にあるので、私だけはその場を何とか取り繕うと明るいのが浮いてしまって見えて本当に情けなくて。でも娘が言ってくれた一言が私を救ってくれました。「桜がきれいだから一緒に見に行こうって」

母子家庭になってから2年目になります。

今から二年前に元旦那だった主人とDVが原因で離婚しました。旦那のDVがとてもひどくて毎日が暴力の虐待を受ける日々が続いたのです。

口を開けばすぐに拳が飛んでくる始末。家に救急車や警察の車両が来るのは日常茶飯事でした。そんな生活に耐えきれず、半ば逃げるような感じで今の地方都市で暮らし始めました。

今の世の中母子家庭にはかなり風当たりが強い傾向にあります。

でも今は男の人を好きになることがとてもできなくて、娘と一緒に暮らすことが精一杯の喜びです。今度娘が小学校に上がります。この子の成長を見ているのがとても楽しいです。

シングルマザーになってから5年目が経ちました。

離婚の原因は私の浮気だったのです。その前にも原因は存在していました。度重なる男性からの暴力や性暴力。

これらを受け続けるたびに私は男性不信症に陥っていったのです。しかしながら信じていたいし、そして愛してほしいという男性への気持ちは残っていてくすぶっているので、そのたびに私に優しくしてくれる男性に絆されてしまう。

そしてまた暴力を受ける日々が始まるのです。

なんで私だけこんな目にという気持ちですが、やっと私も気持ちに踏ん切りがついたのか5年前からシングルマザーになりました。

今は子供との生活が充実しています。

  • あなたのまちの離婚相談“オススメコンテンツ”
  • 借金の悩み