離婚時、親権、養育費、慰謝料、財産分与などの取り決め、名字、保険、年金、手当などの手続き行う必要があります。

特に取り決めに関しては、法的なことが関わってくるため、自分一人では簡単に判断できなこともたくさんありません。

そこで活用したいのが、離婚問題に詳しい専門家への相談です。

専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

さらに国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで大田区内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談です。

離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。

大田区で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、大田区内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

弁護士による離婚相談

区役所で開催される弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

相談日時:週3回程度

会場:区民相談室(区役所本庁舎)

合せ先:広聴広報課

電話:03-5744-1135

女性のためのたんぽぽ相談

女性相談員による相談です。家庭、夫婦、人間関係、セクハラなどの悩みについて相談が可能です。詳細は予約時にご確認下さい。

相談日時:月~土曜日。受付時間は曜日により異なります。

会場・問合せ先:男女平等推進センター「エセナおおた」

相談専用:03-3766-6581

DV相談

DV相談が可能です。詳細はにご確認下さい。

相談受付:平日(9時~17時)

相談先:大田区DV相談ダイヤル

電話:03-6423-0502

人権相談

人権擁護委員による相談です。親子、夫婦間のトラブルなど人権問題に関する相談が可能です。詳細はにご確認下さい。

相談日時:月2回程度

会場:区民相談室(区役所本庁舎)

合せ先:広聴広報課

電話:03-5744-1135

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。

離婚の手続き

石巻市の離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:戸籍住民課(戸籍担当)

電話:03-5744-1183

各特別出張所でも手続きができます。

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:国保年金課(国民年金係)

電話:03-5744-1214

各特別出張所でも手続きができます。

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

年金の手続きや相談は、大田年金事務所までお問い合わせください。

所在地:大田区南蒲田2-16-1

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:03-3733-4141

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:国保年金課(国保資格係)

電話:03-5744-1210

大田区のひとり親家庭の支援

◯子育て支援課(児童育成係)

・児童扶養手当
・ひとり親家庭医療費助成
・児童育成手当(育成手当・障害手当)

電話:03-5744-1274

◯障害福祉課

・特別児童扶養手当

電話:03-5744-1251

◯生活福祉課

・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金
・ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

大森生活福祉課:03-5843-1028

調布生活福祉課:03-3726-0791

蒲田生活福祉課:03-6715-8800

糀谷・羽田生活福祉課:03-3741-6521

大田区役所※相談の日時や予約の確認は、大田区役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:大田区蒲田5-13-14

代表:03-5744-1111

『家』探しは離婚前or離婚後?

住む家を決めるのは離婚する大きな障害となります。

そんな障害を越えるためにぜい読んで欲しいのが……

引っ越ししたくない方は『リースバックなら売った家にそのまま住める』で公開中!?

家をお探しの方は『離婚で後悔しないための家探し』で公開中!?

賃貸物件をお探しの方は『賃貸物件の探し方と上手な借り方』で公開中!?

引越し業者をお探しの方は『引っ越し費用を安く抑える方法』で公開中!?

大田区の離婚事情

大田区の離婚件数の推移です。

平成元年:1029組
平成5年:1183組
平成10年:1476組
平成15年:1531組
平成20年:1366組
平成25年:1273組
平成26年:1310組
平成27年:1331組

なお2016年の東京都の離婚件数:23470件、離婚率は1.78です。

全国の離婚率は1.73%となります。

離婚エピソード:『離婚はマイナスだけじゃないかも』

離婚したのは子供が2歳半の時。幸い働いていたし、親も孫と一緒に住めるから帰っておいでと言ってくれた。

もともと勉強が好きだった私は何か資格を取ろうと思った。大学が法学部だったため法律系の資格を取ることにした。

勉強してると気が紛れた。やっぱり離婚して出戻るひとが多い世の中とはいえいざ自分がその立場になると肩身が狭かったし何より寂しかった。

運動会などの行事はシングルマザーっていうのを痛いほど痛感して泣きたくなった。両親は私が離婚して引け目を感じていることを誰よりも気にしてくれていた。

私の娘を溺愛し仕事を持つ私の代わりにどこでも連れていってくれた。親は私が資格を取ることにとても協力的で応援してくれた。

私が学習した資格は合格率7パーセントの資格試験だった。もともとのめり込むとそれしか見えなくなる私は試験一年前から毎日暇があれば勉強した。

休みの日も一日中机に向かった。娘は両親が私の邪魔にならないように面倒見てくれた。勉強の甲斐あって合格したときは私より母の方が喜んでくれた。

離婚しなければ勉強する時間は確保出来なかっただろうしキャリアを築きあげることはできなかったと思う。

最初は離婚でくよくよしたこともあったが今はかわいい娘と幸せに暮らせている。両親には感謝してもしきれないがこれから親孝行していきたいと思っている。

離婚は労力がいるしできればしない方がいいが、離婚という結論に至ったなら前を向いて進むしかない。

自分の人生一度きり。やらないで後悔するよりやって後悔する方が気持ちいい。