『堺市』の離婚相談

離婚時、親権、養育費、慰謝料、財産分与などの取り決め、名字、保険、年金、手当などの手続き行う必要があります。

特に取り決めに関しては、法的なことが関わってくるため、自分一人では簡単に判断できなこともたくさんありません。

そこで活用したいのが、離婚問題に詳しい専門家への相談です。

専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

さらに国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで堺市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談です。

離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。

堺市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、堺市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

弁護士による離婚相談

弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

問合せ先:各区役所の企画総務課

◯堺区:072-228-7403

相談日時:週3回

◯中区:072-270-8181

相談日時:週2回

◯東区:072-287-8100

相談日時:週2回

◯西区:072-275-1901

相談日時:週2回

◯南区:072-290-1800

相談日時:週2回

◯北区:072-258-6706

相談日時:週2回

◯美原区:072-363-9311

相談日時:週1回

女性相談

フェミニストカウンセラーによる相談です。家庭、夫婦などの悩みについて相談が可能です。詳細は予約時にご確認下さい。

相談日時:火~土曜日(10時~21時)、日曜日(10時~16時30分)

会場:男女共同参画交流の広場相談室

問合せ先:男女共同参画交流の広場

電話:072-236-8266

DV相談

DVに関する相談が可能です。詳細はにご確認下さい。

相談受付:平日(9時~17時30分)

相談先:堺市配偶者暴力相談支援センター

相談電話:072-228-3943

人権相談

人権擁護委員による相談です。親子、夫婦間のトラブルなど人権問題に関する相談が可能です。詳細はにご確認下さい。

相談日時:お問合せ下さい。

会場:お問合せ下さい。

問合せ先:人権推進課

電話:072-228-7420

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。

  • あなたのまちの離婚相談“オススメコンテンツ”
  • 借金の悩み

離婚の手続き

石巻市の離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:各区役所の市民課。詳細はこちらからどうぞ。

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:各区役所の保険年金課。詳細はこちらからどうぞ。

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

年金事務所

年金の手続きや相談は、堺東年金事務所までお問い合わせください。

所在地:堺市堺区南瓦町2-23

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:072-238-5101

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:各区役所の保険年金課。詳細はこちらからどうぞ。

堺市のひとり親家庭の支援

◯各区役所の保健福祉総合センター(子育て支援課)。詳細はこちらからどうぞ。

・児童扶養手当
・特別児童扶養手当
・自立支援教育訓練給付金
・高等職業訓練促進給付金

◯問合せ先:各区役所の保険年金課。詳細はこちらからどうぞ。

・ひとり親家庭医療費助成

堺市役所※相談の日時や予約の確認は、堺市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:堺市堺区南瓦町3-1

代表:072-233-1101

堺市の離婚事情

堺市の離婚件数の推移です。

平成元年:1298組
平成5年:1714組
平成10年:2130組
平成15年:2328組
平成20年:1912組
平成25年:1812組
平成26年:1699組
平成27年:1781組

なお平成28年の大阪府の離婚件数17279組、離婚率は1.99です。

全国の離婚率は1.80%となります。

離婚エピソード:『声とご飯と笑顔。失ってから気づく、とても大切なもの』

描いていた理想通りの生活だった。23歳で結婚し、すぐに1人目の娘ができた。仕事にも燃え、どんどん昇進。そして4年後、もう1人の新しい命が、我が家に届いた。幸せでいっぱいだった。

結婚してすぐは、収入も少なく、妻と2人いろんなことを我慢しながら生活をしていた。それでも、大好きな妻と、大切な娘がいるから頑張れた。

夜遅く、家に帰ると、「おかえり。」と優しい声と、愛情たっぷりの温かい晩御飯、そして、とても愛おしく感じるスヤスヤと気持ちよさそうに眠る娘の姿。

いつもいつも、「苦しい生活をさせてごめんね。」と心の中で妻に謝り、「絶対、楽な生活にするから。」と妻の横顔を見るたびに誓っていた。きっと、この頃から口に出していれば違ったんだろう。

2人目の娘ができたころ、夫婦の会話はなくなっていた。

朝から夜まで働きづめ、休日も返上し、仕事に明け暮れる日々。

ある程度安定した収入は得られていたけど、「もっと楽にしたい。もっと、自由に使えるお金を増やしてあげたい。」

小さいころ、兄弟姉妹合計7名という大家族で育った彼女に、我慢をしない生活を与えたかった。その一心で僕は仕事をし続けた。

気づくと、家に帰ると静まり返った空気が、レンジでチンをして温めるご飯が僕の帰りを待つようになっていた。

「休日出勤のときは、早く帰って家族で外食をしよう。」少しでも家族を大切にしたい僕にできる、精一杯の提案をした。

1回目、2回目と妻の顔に笑顔が戻った。上の子は嬉しそうに、下の子は…どうなんだろう。よくわからない(笑)これで、きっと…。

1か月後、僕はまたしも、仕事を優先するようになっていた。

ある程度安定した収入は得られるようになっていた。会社でも同期やこれまでに例を見ないスピードで出世街道を突っ走った。

きっと、家族のためにしていた仕事が、やらなければならないという責任感と、仕事の面白さを覚えてしまったせいで、どうしてもやりたいものになっていたんだろう。

結局、無言な日が続き、妻の口から「別れたい。」の言葉と妻の名前の入った用紙。

そうなってしまっては、仕事どころではない。なんとか離婚を食い止めようと、必死に妻に想いを話した。

でも、妻の心は変わらなかった。

妻がほしかったのは、お金でも、安定した生活でもなく、笑いの絶えない、暖かな家庭だったのだ。

大家族で育った彼女だからこそ、自分の想いを伝え、相手の想いを聞き、お金がなくても会話のある暖かな家庭が手に入れたかったんだ。

気づいた時にはもう手遅れだった。どれだけ話しても、誓っても、妻の心は変わることはなかった。自分が良かれと思ってやったこと。

でも、相手にそれが「良い」と映るかはわからない。本当に相手が望むことをしてあげられるだけの力が、僕にはなかった。

ただ、話すだけ。ただ、会話をするだけ。家に帰って、会話して、そのあと仕事をすることだってできた。でも、失わないと気づけなかった。

優しい声を、愛情たっぷりの温かいご飯を、そして、彼女の笑顔を。

夫婦にとって、ずっと一緒にいるからこそ、会話ってとても大切で、必要なものなんだ。

笑顔で話すことは、ときにお金以上の価値が2人にとってある。

コミュニケーションの大切さを、身に染みて感じた苦しく、辛い経験だった。

声と温もり、そして笑顔を、もう一度この体で感じたい…。

離婚後、彼女が子どもたちの親権を引き取るため、彼女はシングルマザーになる。

結婚で苦労させてしまった分、しっかりと養育費は払って行きたいと思う。

  • あなたのまちの離婚相談“オススメコンテンツ”
  • 借金の悩み