離婚時にはたくさんの取り決めや手続きがあります。

例えば、親権、養育費、慰謝料、財産分与と言った取り決めを行う必要があります。

ただし法的ことが関わってくるので、簡単に判断できなこともたくさんありません。そこで相談したいのが離婚問題に詳しい専門家です。専門家のアドバイスが、正しい離婚を選択の手助けになることもあるでしょう。

また悩みに悩んで離婚した後もあなたがやらなくてはならない手続きはたくさんあります。

例えばお子さんがいるご家庭では、『児童扶養手当、ひとり親家庭等医療費助成』などの手続きは忘れてはなりません。

また国民年金、国民健康保険、名字の変更といった手続きも必要になります。

そこで福岡市内で開催される離婚に関する無料相談と離婚に関わる各種手続きについてご紹介していきたいと思います。

公的機関である役所で行われる相談は、原則無料相談ですので、離婚のことで気になることがある方はぜひ活用することをおすすめします。

ただし相談する前には、予約方法、日時、相談内容などは事前に確認ください。

いつかそのうち……ではなにも変わりません。

私が後悔しない離婚ができたのは簡単な一歩を踏み出したから。

離婚を本気考えている方は……

離婚の悩みは無料相談で解決』で後悔しない離婚の方法を探してください。

また経済的不安で離婚に踏み切れない方は

本気で離婚したい人に必須の資格』をチェックください。

福岡市で利用できる無料の離婚相談

まずご紹介するのは、福岡市内で開催されている無料相談です。市民を対象と無料相談ですので、是非活用下さい。

アミカス相談室

◯電話・面接相談

女性相談員による相談です。家族、夫婦、DVなどの相談が可能です。予約時に詳細はご確認下さい。

相談日時:月~土曜日(10時~17時)、日・祝日(10時~16時30分)、第2・4月曜日(10時~20時)

◯法律相談

女性弁護士による相談です。養育費・面会交流など離婚問題全般について相談が可能です。予約時に詳細はご確認下さい。

相談日時:第1~4水曜日(13時~16時)、第4月曜日(18時~20時※働いている方)

問合せ先:福岡市男女共同参画推進センター「アミカス」

電話:092-526-3788

◯アミカスDV相談ダイヤル

相談日時:水・木曜日(10時~16時)

専用電話:092-526-6070

弁護士による離婚相談

弁護士による相談です。予約時に親権、養育費、財産分与、慰謝料など離婚に関する相談が可能かご確認下さい。

◯本庁相談室

相談日時:週3回程度

電話:092-711-4019

◯各区役所相談室

相談日時:お問い合わせ下さい。

東区役所:092-645-1011

博多区役所:092-419-1013

中央区役所:092-718-1014

南区役所:092-559-5010

城南区役所:092-833-4010

早良区役所:092-833-4308

西区役所:092-895-7008

DV相談

DV相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:平日(10時~17時※火曜は20時まで)

問合せ先:福岡市配偶者暴力相談支援センター

電話:092-711-7030

公正証書に関する相談

公証人による相談です。離婚など公正証書作成に関する相談が可能です。詳細はご確認下さい。

相談日時:月2回程度

会場:市民相談室(市役所本庁)

問合せ先:本庁相談室

電話:092-711-4019

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は「【離婚相談】あなたのまちの無料相談」で確認下さい。

『仕事・家』探しは離婚前or離婚後?

仕事も住む家も離婚する大きな障害ですね。

そんな障害を越えるためにぜい読んで欲しいのが……

仕事をお探しの方は『離婚したい女性の仕事の探し方

家をお探しの方は『離婚で後悔しないための家探し』で公開中!?

離婚の手続き

石巻市の離婚の手続き

では次に、離婚後に役所で必要な手続き(離婚手続き、年金、国保、児童扶養手当、医療費助成など)についてご紹介します。

離婚届の提出

時間外は預かりの対応となり、不備があると修正して再提出する必要があります。そのため受付時間内の提出をおすすめします。

問合せ先:各区役所の市民課、各出張所の市民係

東区役所:092-645-1016

博多区役所:092-419-1017

中央区役所:092-718-1020

南区役所:092-559-5022

城南区役所:092-833-4017

早良区役所:092-833-4311

入部出張所:092-804-2015

西区役所:092-895-7010

西部出張所:092-806-9431

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにしっかりと事前準備しましょう。

借金が理由で離婚の危機に……

家族の借金、家族に内緒の借金が原因で離婚の危機に直面している方へ……。

大丈夫です。正しい手順さえ踏めば、借金は解決できます。

借金は意外と簡単に解決できる』で借金解決の答えを見つけて下さい。

離婚時の年金手続き

□離婚時の年金手続き

離婚などで厚生年金から国民年金に切り替わるときは、手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.社会保険喪失証明書など(扶養からはずれた日がわかる書類)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:各区役所の保険年金課、各出張所の保険・福祉係

東区役所:092-645-1104

博多区役所:092-419-1120

中央区役所:092-718-1126

南区役所:092-559-5155

城南区役所:092-833-4125

早良区役所:092-833-4323

入部出張所:092-804-2014

西区役所:092-895-7092

西部出張所:092-806-9432

また保険料の支払いが厳しい状況のときは、保険料の申請免除制度がありますので、未払いで放置するのではなく役所にご相談下さい。

相手の行動に違和感を感じたら…

あなたの直感当たっているかも…

『浮気・不倫のあやしい行動チェック!不貞の証拠は普段の行動にヒントあり!』

で浮気の行動パターンをチェックください。

年金事務所

年金の手続きや相談は、年金事務所までお問い合わせください。

◯東福岡年金事務所

対応エリア:東区

所在地:福岡市東区馬出3-12-32

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:092-651-7967

◯博多年金事務所

対応エリア:博多区

所在地:福岡市博多区博多駅東3-15-23

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:092-474-0012

◯中福岡年金事務所

対応エリア:中央区

所在地:福岡市中央区大手門2-8-25

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:092-751-1232

◯南福岡年金事務所

対応エリア:南区

所在地:福岡市南区塩原3-1-27

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:092-552-6112

離婚時の国民健康保険異動届手続き

離婚などで国民健康保険に切り替わるときは、手続きが必要となります。

問合せ先:各区役所の保険年金課保険係、各出張所までお問い合わせください。

東区役所:092-645-1102

博多区役所:092-419-1118

中央区役所:092-718-1124

南区役所:092-559-5152

城南区役所:092-833-4123

早良区役所:092-833-4372

入部出張所(保険・福祉係):092-804-2014

西区役所:092-895-7090

西部出張所(保険年金係):092-806-9432

また明日にしよう……ではいつまでも状況は改善されません。

問い合わせだけでもいいので、ちょっと前に進んでみませんか?

全国約1,000事務所、3,000人以上の専門家の相談窓口を無料でご案内

離婚サポートを今すぐチェック!!

福岡市のひとり親家庭の支援

◯児童扶養手当

問合せ先:各区保健福祉センター(子育て支援課)

◯ひとり親家庭等医療費助成制度

問合せ先:各区役所の保険年金課保険係、各出張所までお問い合わせください。

◯特別児童扶養手当

問合せ先:各区役所の保険年金課保険係、各出張所までお問い合わせください。

◯自立支援教育訓練給付金
◯高等職業訓練促進給付金
◯高等学校卒業程度認定試験合格支援事業
◯母子父子寡婦福祉資金貸付金

問合せ先:各区役所の家庭児童相談室までお問い合わせください。

各課の連絡先はこちら(pdf)から確認下さい。

◯給食費・学用品費などの援助

問合せ先:福岡市教育委員会(教育支援課学事係)

電話:092-711-4693

福岡市役所※相談の日時や予約の確認は、福岡市役所ホームページをご確認下さい。


開庁時間:平日:8時45分~18時※曜日・部署により異なる場合があります。

所在地:福岡市中央区天神1-8-1

代表:092-711-4111

離婚エピソード:『離婚をして、生活はどう変わったか労』

私が離婚をしたのは、36歳の時です。夫を亡くした義母、三つ年上の夫との三人暮らしでした。

原因としては、子供(跡取り)が欲しいという婚家のニーズに応えられなかったことが大きいかと思います。

別居期間はなく、しかし、離婚話が出てから一か月ほど、私は、婚家に近い叔母の家で寝泊まりさせてもらいました。

顔を合わせて生活すれば、お互いに感情的になり、精神的に持ちこたえられないと思ったからです。離婚は、調停などはせず、双方の話し合いで決めました。子供がいなかかっため、割とスムーズでした。

私は、婚家(一戸建て)を出ましたが、実家へ帰ることはせず、賃貸アパートを借りて一人暮らしを始めました。初めての一人暮らし、そして久しぶりの独身生活。

大変なこともあるでしょうけれど、せいせいしていたし、自由を謳歌できると思うと、それほど辛くはありませんでした。

部屋は、1LDKで12畳。家賃40000円で、地方でもかなり安い方だと思います。犬や猫は無理ですが、ハムスターを一匹だけ買うことにしました。

婚家にいた頃からずっと社員や派遣社員をして働いていたので、継続して身を立てていくしかありません。慰謝料はわずかでしたが、その中から、30万ほどを投じてパソコンの資格を取り、スキルアップを図りました。

新しい派遣会社に登録し、電機メーカーの派遣社員として、時給1100円で新生活をスタートさせました。部長が良い方で、私と同じく離婚歴のある女性社員を、隣同士のロッカーにしてくれました。

大きな会社だったので、様々な派遣会社の方がいましたが、人間関係は、ほぼうまくいっていて、たまに一緒に近場へ旅行に行ったりもしました。

生活費は一か月、15万円ほどあればやっていける計算でした。実際、やって行けたと思います。

ありがたかったのは、実家が近かったので、ごくたまにですが、おかずを差し入れてくれたり、風邪を引くと様子を見に来てくれたりしたこと。

実家も裕福ではないため、お金の援助などは受けられませんが、身内が近くにいると、心強いなとは思いました。このような生活を3年ほど続けて、私は再婚をし、仕事を辞めてそのアパートからも引越しをしました。