収入が減ったから生活費が足りなくて・・・最初は少額だった借金。

返済のために新たに借金するようになり雪だるま式にどんどん増えていく・・・

いま、夫に内緒の借金で苦しむ女性が増えています。

この記事では、夫に内緒の借金の離婚以外の解決法をご紹介します。

家計のために女性が借金!返済も相談もできず苦しむ時代

多重責務に関するデータ(平成30年)では財務局に寄せられた相談のうち

借金をしたきっかけのトップは「低い収入・収入の減少」になっています。

URL: https://www.kantei.go.jp/jp/singi/saimu/kondankai/dai11/siryou1.pdf

あなたのせいではなく

全国的に家計は苦しいのです。

家族のために仕方なくした借金、

なのに・・・

明細書を見られないように隠したり、

督促の電話やハガキに怯えたり、

責められるようなつらい毎日。

・・・そろそろ限界ではないですか?

匿名OK。住所不要。『弁護士ナビ』のチャットで無料相談

「家計をやりくりできないダメな私・・・恥ずかしくて借金の相談ができない!」

夫に借金を知られてしまうことが

不安で苦しむだけではなく、

借金したことに対して負い目を持ち

毎日苦しんでいる女性が実は多いんです。

「家計をまかされているのに・・・」

夫や、親族からバカにされるのが怖くて言えない場合もありますし、

「夫の給料の低さを責めたくない・・・」

夫のプライドを守るために女性が一人で頑張っている場合もあります。

もちろん、だからといって一人で抱え込んでいてはいつまで経っても解決はしません。

けれど、相談したからといって余計に相談費用がかかってしまっては元も子もありませんよね。

借金返済でつらい思いはしたくない。

匿名、住所不要の無料チャットをどうぞ!?

主婦の【借金返済ブログ】を読むうちに夫に言うのが怖くなった

女性の借金返済ブログを読むと、夫に借金のことを伝えた後の経験談を読むことができます。

夫は許してくれたが、親族から白い目で見られる

夫から冷たくあしらわれるようになった

夫から離婚を促された

どんなに優しい男性でも借金の事実にショックを受けますので、

残念ながら「夫婦関係が悪化」するケースが多く見られます。

少なくとも、夫を悩ませてしまうのは避けられないでしょう。

また、夫に相談できれば気は軽くなるかと思いますが、

肩身が狭い思いをしたりしながら残りの人生を過ごすのもつらいですよね。

家族が借金を許してくれても“夫や子どもに節約を強いるのがつらい”

たとえ借金を受け入れてくれたとしても、

借金を返済しながらの生活には常に節約や我慢がついてまわります。

趣味やレジャー

交際費

医療費などに、

お金をかけることは難しいでしょう。

さらに、子どもがいる場合には、子どもに充分なお金をかけてあげられない可能性もあります。

学校や塾などの教育費や、部活や習い事にかかるお金を用意してあげられないことも・・・

文部科学省の調査(平成30年)によると年間でかかる一人あたりの学習費は公立小学校でも32万円になっています。

URL: https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/mext_00102.html

最低限の教育を受けさせるにもお金がかかってきます。

子どもにはお金をかけてあげたいし、

子どもが夢を見つけたときには、夢を応援してあげたいですよね。

匿名OK。住所不要。『弁護士ナビ』のチャットで無料相談

【夫に内緒の借金】家族に迷惑をかける前に離婚するのがおすすめ?

「・・・やっぱり、離婚するしかないのかな」

「離婚すれば、借金は私だけの問題になる」

「私だけ我慢すれば良いなら頑張れる」

離婚を決断するのは少し待ってください。

家族に話さなくても、専門家に相談することで借金の額を減らせる可能性があるんです。

まわりにバレない借金解決は“専門家への相談”がおすすめ

借金の相談は弁護士や司法書士などの専門家への相談がおすすめです。

専門家には守秘義務がありますからまわりに知られる心配もありません。

安心して相談できますね。

あなたの借金を債務整理で減額できる可能性があります。

弁護士や司法書士に「債務整理」を依頼すれば借金を減額できる可能性があります。

弁護士や司法書士との契約後、「債務整理」の手続きが始まれば債権者からの督促がストップします。

督促のストレスから解放されるのも「債務整理」のメリットの一つです。

また、「債務整理」の手続きは専門家と債権者が行うた、あなたが実際に何かする必要もありません。

3つの債務整理

債務整理には色々な方法があります。

○任意整理

○個人再生

○自己破産

3種類が代表的なものです。

払い過ぎた利息を返してもらう『過払金返還請求』も、債務整理と呼ばれることがあります。

この中では『任意整理』が最も多く利用されています。

任意整理(債務整理)をすると借金は減ります

任意整理は、債権者側と交渉することで、月々の返済額を生活が立て直せる程度に変えることができます。

将来の利息はカットして長期分割払いにしてもらう一括返済するので借金を減額してもらう

上記のような交渉をしていきますので、「将来の利息」を払わなくてよくなりますし、「借金を減額」ができることもあります。

任意整理(債務整理)で利息をカットしましょう。

特に、利息のカットはほとんどのケースで可能です。

借金は減りますから、安心して暮らすことができますよ。

家族と一緒に生活できる程度の額を返済していくことになります。

借金の総額が減っていますから、返済が終了する期日も早まるのがいいですね。

また、裁判所が関わらないので、書類を揃える手間もかからないのが嬉しいポイントです。

◎また、個人再生や自己破産は官報に名前が載りますが、任意整理は官報に名前が載りません。

任意整理(債務整理)をしたことを第三者に知られることはないんですよ。

借金返済でつらい思いはしたくない。

匿名、住所不要の無料チャットをどうぞ!?

任意整理(債務整理)のデメリットは信用情報機関に情報登録されること

任意整理(債務整理)のデメリットは、信用情報機関に情報登録されることです。

いわゆるブラックリストになります。

約5年間は、新たに借金をしたり、クレジッドカードを作ることができなくなります。

キャッシュレスの時代にカードを作れないのは不便ですが、この機会に「借金せずに暮らせるようになろう」と、ポジティブに捉える方もいますよ。

任意整理(債務整理)の費用や相場は?借金があるのに払える?

実は、債務整理を依頼した場合の費用に相場はありません。

弁護士や司法書士は自由に報酬を決めることができますし、状況や難易度によっても報酬額は変わってきますね。

任意整理(債務整理)の場合は、着手金・成功報酬が必要です。

さらに過払い金の返還を受けた場合には過払い報酬が必要になります。

○着手金は1債権者につき5万~、

○成功報酬は減額された債務金額の10%、

○過払い報酬は過払い金の20%が平均的ではあります。

成功報酬は『減額報酬』や『解決報酬』として分かれていることもありますね。

ですが、どうか心配しないでください。

報酬金には上限が決められていますし、多くの方はこの費用を払うことができています。

理由は以下の2点です。

事務所にもよりますが、

○支払いは分割も可能であること

○後払いに対応していることもあること

着手金も含めて後払いが可能。

少しずつ返せる範囲で返せば良いと
している事務所も多いですよ。

お金がほとんどなくても、債務整理はできます。

弁護士・司法書士の費用を心配しすぎず、専門家に相談してくださいね。

まずは、匿名・完全無料で借金をどれだけ減らせるか調べてみませんか?

債務整理をすれば苦しい生活から脱却できることはわかったけれど、急に専門家に相談するのは少し不安・・・

そんなときには、『匿名・無料・秘密厳守』の無料減額診断がおすすめです。

インターネット上でサクッと行えますし、およその借金の額や、月々の返済額、借金の時期などを選択式で選ぶだけなので簡単です。

名字の入力フォームもありますが下の名前を入れる必要はないので、個人を特定されることもありません。

24時間いつでも匿名・無料で診断できるのも嬉しいですね。

借金返済でつらい思いはしたくない。

匿名、住所不要の無料チャットをどうぞ!?

【まとめ】家族と暮らしたいのに“夫に内緒の借金”のために離婚しないで!

借金の問題を解決するための方法の一つが債務整理であることをご紹介しました。

どうしても“女性の借金”は一般の男性に理解されにくいところがあります。

あなた一人で抱えるのはつらいし解決にも至りません。

夫にも、誰にも言えない借金で苦しむのは終わりにしませんか?

専門家への相談することで、誰にも知られずに借金を解決することができます。

あなただけが犠牲にならずに家族と安心して暮らせるように・・・

借金で困ったときはぜひ、債務整理を利用して下さい。

まずは気軽な無料減額診断で借金がどのくらい減るのか確認してみましょう。

きっと気持ちが軽くなりますよ。

匿名OK。住所不要。『弁護士ナビ』のチャットで無料相談